Gerateria SINCERITA

Blog: ジェラートマイスターのブログ

いつも、ジェラートのことを考える。
いつも、どうすればもっと美味しく作ることが出来るか考える。
そういうプロセスが大切だと思うから、少しだけ書き連ねていこうと思う。

どんなメディアよりも、自分の言葉が一番しっくりくるものです。
ちょっとしたお知らせとか、ちょっとした思い付きとか、
自分の言葉で伝えたいことを
ゆるりとお伝えしようと思います。


July 2014 Archive

メインディッシュにアフォガートを。

Published on / Comments

画像:メインディッシュにアフォガートを。

今までも何度かアフォガートをやってきたし、その度説明してきましたが、今回も改めて。

アフォガートは簡単に言うと、アイスクリームにコーヒーをかけた食べ物です。
イタリアでアフォガートを食べた記憶はありませんが、BARなどで食べられるのではないかと思います。
日本だとカフェのメニューの中にある程度ではないでしょうか。ジェラテリアやアイスクリーム店でアフォガートを食べることが出来る条件としては、最低限、エスプレッソマシンがないと提供出来ないことを考えると、意外と提供できる環境にあるお店自体少ないです。

Read more

インドマンゴー。

Published on / Comments

画像:インドマンゴー。

ちょっとしたご縁があって、今年はマンゴーのジェラートを作ることにしました。
早速、今日60kgものマンゴーが届いて本当に丸一日マンゴーと向き合うことになりました。

ジェラテリアにマンゴーのジェラートがあるというのは割と一般的で、イタリアでもよく見かけたし、日本でもよくあるフレーバーであり、人気のフレーバーでもあると思います。
マンゴーってなぜか人気なんですよね。

Read more

7月の新作。

Published on / Comments

画像:7月の新作。

新作販売から1週間ほど経ってしまいましたが、7月の新作のお知らせを。

毎年、この時期は果物が沢山出てくるので自然と新作も沢山出てきます。

◆プラム
毎年、品種を変えながら2,3ヶ月続くプラム。
最初は、早生品種でありながら濃厚な味わいとしっかりした酸味が特徴的な「いくみ」という品種。皮も果肉も真っ赤で他の品種と色もかなり違います。
酸味が強いので、ちょっと梅のような雰囲気もありますが、暑い日にピッタリなフレーバー。いくみが終われば、大石早生やソルダム、もうちょっと後に太陽や貴陽が登場します。

Read more

真夏の前に。

Published on / Comments

言い訳みたいになってしまうけれど、どうしてもこの時期は有り難いことにギフトなども増え、取材や他のお店のコラボのお話など色々集中し過ぎて、こうやって文章をちゃんと書こうという気になれなくなってしまう。

それに加え、この数週間は幾つか問題もあったりで、何かを言葉にしようという気にもなれなかったのかもしれない。阿佐ヶ谷でお店を初めて5年目に入り(気が付けば4年半くらい経った)、全てが上手くいく訳でもないけれど、何とかお店を続けている。

Read more

雨の日フレーバー「初夏」。

Published on / Comments

画像:雨の日フレーバー「初夏」。

今年の梅雨は昨年と違って梅雨らしく、雨が多くてお店としては困ってしまいますが、雨の日フレーバーが活躍しています。

今週は台風も来そうだし、さらに雨の日フレーバーにも力が入るというものです。

今日は予報に反して雨が降らずに終わりそうなので、今日作った雨の日フレーバーは明日出します。
その名も「初夏」。

Read more

限定プレミアムフレーバー「ダージリンミルク」。

Published on / Comments

画像:限定プレミアムフレーバー「ダージリンミルク」。

おかげさまで今年も好評だった「さくらんぼ週間」も無事終わりそうです。
改めてさくらんぼ人気を痛感しつつ、1ヶ月くらい出したいなとも思いつつ、やっぱり手間とコストを考えると1週間くらいがちょうど良いかなぁと感じました。

さて、さくらんぼ週間が終わったばかりですが、今月は色々イベント目白押しでいきましょう!

『限定プレミアムフレーバー「ダージリンミルク。」』
7/6日(日)からなくなるまで。※1週間以上は持ちそうです。

Read more

この季節の果物たち。

Published on / Comments

この時期くらいから急に果物が増えてくるのと同時に、あぁ夏がやって来たなと感じます。
プラム、白桃、ライチ、スイカなどなど。

暑くなり出すこの時期に体が欲する果物が自然とこの時期に出来るのは本当によく出来ているなぁと関心します。まさに旬。

果物からしてもこれくらいの気温と湿度があって良い感じに熟し、僕たちはその恩恵を享受する。
自然とは本当に上手くできているものですね。旬のものを食べると体に馴染み、美味しいと感じるのはそう考えると当たり前のことなのかもしれません。
同じ果物の中でも、早生品種や晩生品種などもあり、早生品種は早いらしい味わいになり、晩生品種は遅いらしい味わいがするのも面白いものです。

逆に、無理やり通年食べれるようにしたりするのは非合理的だし、人工的過ぎて良くないような気もします。

こうやって旬を意識しながら、自然のサイクルに合わせてジェラートを作っていくのが美味しさに繋がるし、僕たち自身もより自然な生活をしているようにも思います。

気を付けないといけないのは、この季節の果物の旬が早いということ。
忙しくてバタバタしていて、せっかくの美味しい時期を見逃してしまうということもあるので、しっかりチェックしていかないといけません。

7月の新作には、プラムやライチグレープフルーツ、ちょっと遅れてペスカ(白桃)も出せそうです。
暑い季節にピッタリなジェラートたちが並ぶのもこの季節だけだと思うと、ジェラートを食べない訳にはいきませんね。

7月も宜しくお願いします!

top

写真:店舗

Gelateria SINCERITA

03-5364-9430