Gerateria SINCERITA

Blog: ジェラートマイスターのブログ

いつも、ジェラートのことを考える。
いつも、どうすればもっと美味しく作ることが出来るか考える。
そういうプロセスが大切だと思うから、少しだけ書き連ねていこうと思う。

どんなメディアよりも、自分の言葉が一番しっくりくるものです。
ちょっとしたお知らせとか、ちょっとした思い付きとか、
自分の言葉で伝えたいことを
ゆるりとお伝えしようと思います。


April 2016 Archive

こどもジェラートコンテスト2016、結果発表。

Published on / Comments

画像:こどもジェラートコンテスト2016、結果発表。

こどもジェラートコンテスト結果発表!
今年は全部で42作品の応募がありました。本当に全部素晴らしい作品ばかりで何を採用するか悩みましたが、今年は4作品みんなのジェラートを作ることにしました。

毎年やっているせいか、今年は今までで一番現実的な組み合わせが多くなっているような印象です。毎年応募してくれている子もいるので、みんなの成長も垣間見れて嬉しいです。

それでは、発表。

1、ピーマくんアイス
きらいな子どもがおおいピーマンを、アイスにしてしまえばきらいな子どもがたく山いてもおいしくたべれるとおもいます。(原文)
今回、一番作ってあげたかった作品。
自分が7歳なのに、ピーマン嫌いのちびっ子たちへの思いやり溢れるアイデアに脱帽です。ピーマンの苦味を出来るだけ軽減しようと思って、ピーマンは油通しました。蜂蜜や砂糖などで甘味を足していますが、ピーマンそのままなの味なのでちょっと心配ではあります。

Read more

GW日替わりフレーバー2016。

Published on / Comments

画像:GW日替わりフレーバー2016。

今年のGWはいかがお過ごしでしょうか。
東京にずっといるという方、東京に旅行に来られる方もいると思いますが、シンチェリータではGW日替わりフレーバーというイベントをやっています。毎日、日替わりでその日限定のフレーバーが登場するというイベントです。
今年のテーマは「和」。和というテーマは改めて考えると奥深いものです。シンプルな抹茶味とかあんこを使うとか、そういったフレーバーは普段からやっていますが、今回は今まで作ったことがない和を感じるフレーバーを全9種類+こどもの日ジェラート、作ります。
ほぼほぼ決定ですが、まだ作っていないのもあるので上手くいかなかった場合は変更する可能性もあるのでご了承ください。

では、早速ご紹介。

29日(金):みたらしピーカンナッツ
ミルクジェラート×自家製みたらしソース&ピーカンナッツ。
甘じょっぱいみたらしとピーカンナッツの相性がなかなか良い。

30日(土):黒蜜キャラメル
キャラメルジェラート×自家製黒蜜ソース。
キャラメルト黒糖という違う糖の組み合わせが意外と楽しい発見。

Read more

母の日にジェラートを。

Published on / Comments

画像:母の日にジェラートを。

気が付けば、もう今週末からGW。

GWと言えば、毎年恒例のGW日替わりフレーバー!毎日、色々なフレーバーが入れ替わりで登場するイベントです。
こどもの日には、こどもたちが考えたフレーバーが実現する「こどもジェラートコンテスト」も開催予定です。

と、その前に5月8日の「母の日」のお知らせです。

毎年、母の日にジェラートを贈られる方も多いです。今年は母の日ジェラート詰め合わせと母の日限定ジェラートケーキもご用意しました。
ジェラートケーキは、いちごフランボワーズ×苺ミルクの組み合わせ。ピンクと赤の可愛らしい色合いに仕上げました。

母の日に何を贈れば良いか、だいたい毎年悩むもの。
ジェラートの詰め合わせだと嵩張らないし、冷凍庫に入れておけば日持ちもそれほど気にしなくても大丈夫なので、母の日にジェラートをプレゼントするのも良さそうです。

オンラインショップでも、店頭でも、ご配送承っております!

「パンとジェラート」復活。

Published on / Comments

画像:「パンとジェラート」復活。

お待たせしました。
1年ぶり以上できていなかった「パンとジェラート」が久しぶりに復活です!
4/21(木)の夕方くらいから4/22(金)売切れ次第終了とさせていただきます。

シンチェリータで「パンとジェラート」をやっていない間に、世の中的にはパンにジェラートを挟むお店も増えたようですね。イタリアでもそこまでポピュラーでもない気がしますが、こうやって日本で少しでもジェラートを楽しめる方法が増えるのは嬉しいことです。

久しぶりなので、「パンとジェラート」のおさらいを少し。
一言で言えば、そのまんまですが「パンにジェラートを挟んで食べる。」だけのことです

Read more

こどもジェラートコンテスト開催!

Published on / Comments

画像:こどもジェラートコンテスト開催!

お知らせが遅くなってしまいましたが、今年も「こどもジェラートコンテスト」の季節がやって来ました。

毎年恒例になっている、こどもの日企画。
ちびっ子たちが考えたフレーバーが、こどもの日に本当にジェラートになって店頭に並びます!
出来るだけ、沢山採用してあげたいと思うのでふるってご応募ください。

応募用紙は店頭に置いてあるので、気軽にお持ち帰りください。

毎年思いもよらないフレーバーが幾つかあって、僕もアイデアを沢山もらえるし、僕たちにとっても楽しいイベントです。今年もなんか凄いの来ないかなーと楽しみにしています。

みんなのアイデアがジェラートに!

ご応募お待ちしております。

食べ歩くジェラート。

Published on / Comments

画像:食べ歩くジェラート。

僕はどうもゆっくりご飯を食べるとか、のんびりお茶するみたいなことって苦手なところがあって、好きなものを改めて考えてみるとパッと食べれるものとか、美味しいピークが刹那的なものの方が好みなようだ。

ジェラートのようにすぐ溶けてしまうとか、エスプレッソみたいに淹れた瞬間が美味しいようなものとかもそうだし、フライドポテトみたいにアッツアツが美味しいものとかがいい。

職業病的でもあるし、性格的でもあるのかもしれないけど、美味しいものから美味しさが去っていくみたいな感じがすごく嫌で、冷めて美味しくなくなるとか、アイスが溶け過ぎてしまうとか、ちょっと異常なくらい敏感になってしまう。
だから、ジェラートを作る時に果物でもナッツでも少しでも酸化しないようにとか、劣化しないようにということ考え過ぎることも多い。仕事的には良いことだけど、普通に生活する上でも気になってしまうので、変な潔癖性的要素でもあるのかもしれないなとも思う。

Read more

ミルクジェラート食べ比べ。

Published on / Comments

画像:ミルクジェラート食べ比べ。

僕は小さな頃から牛乳がとにかく好きでした。

今思えばちょっと気持ち悪いのですが、白いご飯にも牛乳を飲んでいたくらいよく飲んでいました。
とは言え、その頃は別に牛乳の種類とかノンホモかそうでないか、低温殺菌か高温殺菌かというようなことはもちろん知りませんでしたが。

大人になるにつれ、そこまで牛乳は飲まないにしろ、やっぱりアイスはミルク味が一番よく食べていました。そう思えば、昔から割とプレーンでシンプルなフレーバーを好んでいたようにも思います。

ジェラートの仕事を始めてからは半分は趣味で、半分は職業病的に牛乳はよく飲みます。基本的には低温殺菌牛乳しか飲みませんが、海外でも国内でも旅先では必ずその地の牛乳を飲みます。
ただ、個人で小さくやっている酪農家はあっても、流通や設備の関係や酪農事情も相まって個人で出荷は出来ないケースが多くて、現実的に難しいことも今の仕事をして始めて知りました。

Read more

top

写真:店舗

Gelateria SINCERITA

03-5364-9430