Gerateria SINCERITA

Blog: ジェラートマイスターのブログ

いつも、ジェラートのことを考える。
いつも、どうすればもっと美味しく作ることが出来るか考える。
そういうプロセスが大切だと思うから、少しだけ書き連ねていこうと思う。

どんなメディアよりも、自分の言葉が一番しっくりくるものです。
ちょっとしたお知らせとか、ちょっとした思い付きとか、
自分の言葉で伝えたいことを
ゆるりとお伝えしようと思います。


November 2016 Archive

シンチェリータのシュトーレン。

Published on / Comments

画像:シンチェリータのシュトーレン。

今年もシュトーレンの季節がやってきました。
おかげさまでシンチェリータのシュトーレンのファンも増えて、楽しみにしているよ。とお声をいただくことも増えました。

ジェラテリアなのにシュトーレン?というのも、定着すればそんなに違和感もなくなってきました。
僕にとってはシュトーレンってジェラートと真逆のようで面白いんですよね。ジェラートは刹那的に溶けてゆく儚さがあるのですが、シュトーレンは少しずつ食べて味の変化を楽しむものです。
ジェラートとのギャップもあって、ジェラテリアでシュトーレンというのもなんか良い気がしています。

Read more

ウッドベリーズ祭り。(11/21-11/27)

Published on / Comments

画像:ウッドベリーズ祭り。(11/21-11/27)

ウッドベリーズ祭りが始まりました!
急ではありますが、ずっとやってみたかった仲良くしていただいているウッドベリーズとのコラボ企画が決まりました。

ウッドベリーズさんは、吉祥寺でなんと20年近くもフローズンヨーグルトのお店をされている僕の中ではもはや伝説的なお店なのですが、縁があってもう7,8年くらいの間仲良くさせてもらっています。ヨーグルトも使わせてもらって、果物も色々紹介いただいて助かっています。

嗜好が似ているのか、美味しいと思う部分が似ていて、個人的にもよく食べに行かせてもらっています。

Read more

11/13(日)はゆうやけ市。

Published on / Comments

画像:11/13(日)はゆうやけ市。

11/13(日)は久しぶりのゆうやけ市。
阿佐ヶ谷北のシンチェリータがある商店街で毎年数回、開催される小さなお祭りです。

小さなお祭りながら、流石は東京。沢山の人出で街が賑わいます。
お店を始めてからずっとあるお祭りなのですが、お店の前で出店みたく色んな屋台的なお店が楽しいのが特徴的で、僕たちも毎回何か作ってはお店の外で販売しています。

地元では割と定番になった「ジェラニータ」は毎回出しています。
飲むジェラート、という感じでシェイク状になったジェラートを片手にぶらっとお祭りを散歩するのに適したメニューです。
毎回、フレーバーは変えていて、今回はDOMORIのチョコを使ったミルクチョコレート味で臨みます。

Read more

グルノーブルの胡桃。

Published on / Comments

画像:グルノーブルの胡桃。

ナッツの旅、最後はいつもメルノワで大変お世話になっている胡桃の街グルノーブルへ行って来ました。

胡桃はイタリアでも美味しいものがあるのですが、日本では普通にはなかなか手に入らないので、ちゃんと食べ比べたことがありません。
手に入る中で一番美味しかったのがフランスはグルノーブルの胡桃で、今でもグルノーブルのものを使っています。ペリゴール産も有名なのですが、個人的な好みとしてはグルノーブルの胡桃が気に入っています。

お菓子に関わる人なら一度は聞いたことがあるであろう、グルノーブル。
でも、グルノーブルに行ったことあるよ!という話は聞かないし、これだけ胡桃の名産地だと聞くと行くしかありません。

Read more

DOMORIの工場見学。

Published on / Comments

画像:DOMORIの工場見学。

ジェラートに続いて、トリノと言えば、僕たちにとって欠かせないのはDOMORIのチョコレートです。

せっかくトリノに行くので、いつもお世話になっている仕入先の方にお願いして、工場見学させてもらうことになりました。

トリノの郊外にあって、バス停らしきものもないし、相変わらずイタリアらしい交通の難しさも痛感しながら、何とか30分くらいバスに揺られて着きました。
お迎えが来てくれるとかそういうこともなく、自力でローカルバスに乗って、会社をピンポン!と鳴らして案内してもらうのもまた楽しいものです。

Read more

街に根ざしたジェラート文化。

Published on / Comments

画像:街に根ざしたジェラート文化。

イタリアに来ると、ジェラテリアが急激に増えたなという感じがします。
本当に街中にジェラテリアがあって、食べている老若男女が街中にいます。本当にジェラートが好きなお国柄なんだなぁと改めて嬉しくなります。

田舎のロードサイドにもあるし、小さな街の街角にもやっぱりジェラテリアがあります。
なぜ、こんなにジェラートが文化になっているのか不思議なくらいです。

どの街にもジェラートは沢山あるのですが、北の方は特に酪農が盛んで、牛乳のクオリティが本当に高いので、ジェラートも個人的には北の方が美味しいところが多いと思っていて、ピエモンテの州都であるトリノには比較的美味しいジェラテリアが多いように思います。

Read more

ランゲ地方のヘーゼルナッツ。

Published on / Comments

画像:ランゲ地方のヘーゼルナッツ。

続いては、ヘーゼルナッツ。
ヘーゼルナッツはスペインやフランスにもありますが、有名なのはイタリアはピエモンテのヘーゼルナッツです。

今回は、縁があってヘーゼルナッツの産地であるピエモンテの山奥にあるランゲ地方という、産地のど真ん中でヘーゼルナッツの小さな工場を見学できることになっていて、これはとても楽しみでした。

このエリアは、世界的にも評価の高い「食」が多くて有名なエリアでもあります。
ワインはバローロやバルバレスコと言ったイタリアの中でも最高峰と言われるようなワイン、世界的にも希少な白トリュフ、そして、へーゼルナッツ。

Read more

街の自慢。

Published on / Comments

画像:街の自慢。

先にも書いたように、アーモンドの産地近くでもあり、エルセジェールデカンロカとかいう何度か世界一に輝いたレストランがジローナというバルセロナから1時間半くらいかかる小さな街にも行きました。

できれば、レストランも行きたかったのだけど、本当に数ヶ月間予約で一杯で、結局、レストランには行けなかったのですが、地元の人たちにとってどういうことなのか知りたくて、お店のあたりまで行ってみました。

街自体は本当に小さな古い街で、古い街並みが綺麗で中心は観光地的でもあります。
レストランはその中心から歩いたら40分くらいの距離で、ちょっと郊外の住宅地にあります。

Read more

スペインのジェラート事情。

Published on / Comments

画像:スペインのジェラート事情。

アーモンドを見るのは一番の目的として、もちろん、ジェラート事情もチェックしてきました。

便利なもので、検索すればその街にジェラテリアはだいたい見つけれるので、見つけれた中で良さそうなところは行くことができました。

先にも書いたように、スペインのジェラートの本もマニアックなものがあって、気に入っているのでスペインにもきっと素晴らしいジェラテリアがあるんだろうと思うのですが、結果は惨敗でした...

バルセロナとジローナという2都市しか行ってないので、部分的にしか分かりませんが、共通することは、ジェラートの位置付けが観光スポットにあって、観光者目当ての商売的なジェラテリアが中心ということです。街に根ざしたような感じが見受けられなかったし、食べてる人も地元の人ではなかったように感じました。
なので、見るからに状態が悪かったり、異常に山盛りだったり、綺麗なブルーの色をしたジェラートが並ぶようなお店がほとんどでした。

Read more

top

写真:店舗

Gelateria SINCERITA

03-5364-9430