Gerateria SINCERITA

Blog: ジェラートマイスターのブログ

いつも、ジェラートのことを考える。
いつも、どうすればもっと美味しく作ることが出来るか考える。
そういうプロセスが大切だと思うから、少しだけ書き連ねていこうと思う。

どんなメディアよりも、自分の言葉が一番しっくりくるものです。
ちょっとしたお知らせとか、ちょっとした思い付きとか、
自分の言葉で伝えたいことを
ゆるりとお伝えしようと思います。


DOMORIの工場見学。

Published on / Comments

画像:DOMORIの工場見学。

ジェラートに続いて、トリノと言えば、僕たちにとって欠かせないのはDOMORIのチョコレートです。

せっかくトリノに行くので、いつもお世話になっている仕入先の方にお願いして、工場見学させてもらうことになりました。

トリノの郊外にあって、バス停らしきものもないし、相変わらずイタリアらしい交通の難しさも痛感しながら、何とか30分くらいバスに揺られて着きました。
お迎えが来てくれるとかそういうこともなく、自力でローカルバスに乗って、会社をピンポン!と鳴らして案内してもらうのもまた楽しいものです。

小さなショップも併設されていて(この日は定休日で残念...)、事務所と工場があります。
こんなに小さいんだ!と驚くくらい、こじんまりした工場で、機械化していることもあって、働いている人もそんなに多くなさそうでした。

小売のラインと業務用のラインの2ラインがあって、どちらも見学させてもらいました。意外ととアナログな小売のラインと最先端の機械で稼働している業務用ラインです。
小売のラインはアルバイトかな?というような若い子がパッキングしていたりする姿も新鮮でした。

ラインの途中で出来立てのちょっと温かいジャンドューヤペーストを味見させてもらったりもして、そういう経験も何だか嬉しいものです。

業務用のラインは、僕たちが使っているようなカカオマスや70%のカカオなどが1ロット何100kgという量で量産されています。僕の拙いイタリア語力では100%理解できなかったのが残念ですが、毎時間どれくらい作るとか、何度で何時間コンチングするとか、そういったことを説明してもいました。
DOMORIの良さというのは、まずはそれぞれのカカオの選択がとにかく素晴らしいこと。そして、コンチングの方法ではないかなという印象でした。あと、乳化剤を使っていないというのもその技術のおかげでしょうか。

説明してくれた方からも、DOMORIの信条や自分たちの商品に対しての誇りが感じられ、僕も大事にカカオを使わせてもらわないとなぁと思ったものです。

倉庫スペースには、沢山の商品が並んでいて、日本に入って来ていないものとか、カタログとか色々見せてもらいました。

そして、山ほどお土産をもらってしまいました。
もうこの5,6年間くらいDOMORIのカカオしか使っていなくて、個人的に大ファンのカカオなので、とても貴重な経験となりました。

Comment

top

写真:店舗

Gelateria SINCERITA

03-5364-9430