Gerateria SINCERITA

Blog: ジェラートマイスターのブログ

いつも、ジェラートのことを考える。
いつも、どうすればもっと美味しく作ることが出来るか考える。
そういうプロセスが大切だと思うから、少しだけ書き連ねていこうと思う。

どんなメディアよりも、自分の言葉が一番しっくりくるものです。
ちょっとしたお知らせとか、ちょっとした思い付きとか、
自分の言葉で伝えたいことを
ゆるりとお伝えしようと思います。


May 2017 Archive

量を作るということ。

Published on / Comments

画像:量を作るということ。

ジェラテリアの商売というのは、数を沢山売らないと商売として成り立ちにくい。
値段を上げて客数が少なくても成り立つような仕組みや売り方も考えれないこともないけれど、僕が思うジェラテリアの姿とは少し違う気もするし、それはそれでハードルが高いので、そこを目指そうとは今のところ思わない。

限られた人数で、限られた時間の中で、限られた設備でベストを尽くすしかない。
正直、他のお店で働いた経験もほとんどないので、どのようにお店を運営して、どのように製造をしているのかそんなに詳しく知らないのだけど、できる限り、満足いく美味しいジェラートを作るためには、良い素材を直接、生産者から送ってもらって、美味しい配合で作ることが大切。

Read more

-5℃と-12℃の違い。

Published on / Comments

画像:-5℃と-12℃の違い。

明日の最高気温は23℃で最低気温は16℃。温度差は7℃ある。
僕たちはその温度差を体感として夜は少し寒いとか、昼間は少し暑いという風に感じるし、知っている。

でも、不思議なものでと言うか、あまり経験することがないので、例えば、-5℃と-12℃の違いなんて大抵、分からないものだ。逆に、30℃のお風呂と37℃のお風呂の違いもすぐ分かる。100℃と93℃の違いもまたあんまり分からないかもしれない。

何が言いたいかと言うと、僕たちは普段の生活で体験しない温度帯や温度差に関してほとんど認識がないということだ。(もちろん、マイナス温度下で生活をされている人々もたくさんいるけれど)

Read more

こどもたちの作品に思うこと。

Published on / Comments

画像:こどもたちの作品に思うこと。

今年もこどもジェラートコンテストの作品、頑張って作りました。

日々ジェラートを作っているので、さすがにこの構造は作るの大変だなとか、2種類のジェラートをマーブルにするのもなかなか面倒だなとか、仕事的に自然とそういうアイデアを省いてしまう。
よくこどもたちの作品を見て、こどもたちのアイデアは本当に素敵だなと、面白いアイデアで天才だ!とか話すものだけど、彼ら彼女らはただただ一生懸命に自分が思うがままに書いてくれているのだと思う。純粋な創作意欲は偉大だ。

よくあることで7,8歳くらいまで作品は僕たち大人が思いもよらないアイデアの作品が登場するのだけど、同じ子でも10歳くらいになるとよく言うとまとまった作品になる。悪く言うなら、何かに寄り添ったカタチになってしまうことが多い。

Read more

top

写真:店舗

Gelateria SINCERITA

03-5364-9430