Gerateria SINCERITA

Blog: ジェラートマイスターのブログ

いつも、ジェラートのことを考える。
いつも、どうすればもっと美味しく作ることが出来るか考える。
そういうプロセスが大切だと思うから、少しだけ書き連ねていこうと思う。

どんなメディアよりも、自分の言葉が一番しっくりくるものです。
ちょっとしたお知らせとか、ちょっとした思い付きとか、
自分の言葉で伝えたいことを
ゆるりとお伝えしようと思います。


-5℃と-12℃の違い。

Published on / Comments

画像:-5℃と-12℃の違い。

明日の最高気温は23℃で最低気温は16℃。温度差は7℃ある。
僕たちはその温度差を体感として夜は少し寒いとか、昼間は少し暑いという風に感じるし、知っている。

でも、不思議なものでと言うか、あまり経験することがないので、例えば、-5℃と-12℃の違いなんて大抵、分からないものだ。逆に、30℃のお風呂と37℃のお風呂の違いもすぐ分かる。100℃と93℃の違いもまたあんまり分からないかもしれない。

何が言いたいかと言うと、僕たちは普段の生活で体験しない温度帯や温度差に関してほとんど認識がないということだ。(もちろん、マイナス温度下で生活をされている人々もたくさんいるけれど)

Read more

こどもたちの作品に思うこと。

Published on / Comments

画像:こどもたちの作品に思うこと。

今年もこどもジェラートコンテストの作品、頑張って作りました。

日々ジェラートを作っているので、さすがにこの構造は作るの大変だなとか、2種類のジェラートをマーブルにするのもなかなか面倒だなとか、仕事的に自然とそういうアイデアを省いてしまう。
よくこどもたちの作品を見て、こどもたちのアイデアは本当に素敵だなと、面白いアイデアで天才だ!とか話すものだけど、彼ら彼女らはただただ一生懸命に自分が思うがままに書いてくれているのだと思う。純粋な創作意欲は偉大だ。

よくあることで7,8歳くらいまで作品は僕たち大人が思いもよらないアイデアの作品が登場するのだけど、同じ子でも10歳くらいになるとよく言うとまとまった作品になる。悪く言うなら、何かに寄り添ったカタチになってしまうことが多い。

Read more

こどもジェラートコンテスト、結果発表!

Published on / Comments

画像:こどもジェラートコンテスト、結果発表!

こどもジェラートコンテスト結果発表!

今年は過去最高の48作品の応募がありました。
毎年応募してくれる子もいれば、歳を取って恥ずかしくなったのか応募しなくなる子もいますが、年々嬉しいことに応募が増えていて嬉しい限りです。

毎年4作品を作っていましたが、今年は応募数も増えたということで5作品作ります。

1、虫とり
てきとうにわからないけどやりました。木に虫がついているのをイメージしています。(原文)
抜群の空間把握能力とネーミングセンスを発揮した作品。カカオが大地でメロンが草原?か木と葉っぱなのかそんな感じのイメージだと受け取って作りました。再現度を高くするために、チョコで作ったカブトムシと虫取り網も作ります。コーンに盛り付けるのがポイントみたいなので本人が来たら是非コーンで食べてもらいたい。

Read more

GW日替わりフレーバー2017。

Published on / Comments

画像:GW日替わりフレーバー2017。

今のところ、天気が良さそうなGWはいかがお過ごしでしょうか。

東京にいてすることないなーという日はぶらっと阿佐ヶ谷までどうぞ。
今年のGW日替わりフレーバーのテーマは「世界のお菓子」。5/5は恒例のこどもジェラートコンテストのジェラートが並ぶので、日替わりフレーバーは全8種類。

全部食べたことがある訳ではないので、情報を頼りに作ったものもありますが、世界中にはたくさん素敵なお菓子があるなーというのを知ってもらう良い機会になればいいなと思っています。

それでは、ご紹介。

29日:ホーキーポーキー(ニュージーランド)
ホーキーポーキーはニュージーランドでは定番のフレーバーの一つだそうで、バニラアイスをベースにゴールデンシロップをパリパリのキャラメルのようにしたものが混ざっているというものです。
卵は使いませんが、ミルクをベースにしたバニラジェラートに本場さながらのホーキーポーキーを作ってみます。

Read more

久しぶりのパンとジェラート。

Published on / Comments

画像:久しぶりのパンとジェラート。

4/27(木)夕方から。
昨年後半からご無沙汰してしまいましたが、暑い季節がやって来る前に久しぶりに「パンとジェラート」やります!

ここ数年で世の中的にもかなり増えて、認知度も上がってそうなパンにジェラートを挟むという食べ方です。

前回はバレンタインのイベントにて、シニフィアンシニフィエとのコラボという形でブリオッシュを作っていただいいて、ブリオッシュコンジェラートをやりました。
この時は卵とバターがたっぷりな所謂、リッチなブリオッシュで、色々なジェラートと合わせて試せたのはとても勉強になりました。
シンチェリータのジェラートは、卵を使っていないものしかないのと、乳脂肪も控えめ且つ、甘さもどちらかと言えば控えめなので、リッチ過ぎるパンには少し負けがちだなぁと思っていました。

Read more

top

写真:店舗

Gelateria SINCERITA

03-5364-9430