Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 08.18.2012 9:32am

習慣と失敗

昨日、久しぶりに指を切ってしまいました。
昔から料理はよくするのですが、今まで一回しか指を切ったことがありませんでした。なので、昨日で2度目です。

指を切った理由は、包丁を研がれていたのを知らずに使ったことと、急いでいたことの二つです。どちらも、どんなことにも言えそうですが、ありがちと言えばありがちかもしれません。

道具は使いこなすもので、最先端のものや高級なものが良いという訳ではないと思っています。何でもそうですが、使いこなすことが大事です。
今回のように包丁など特にそうかもしれませんが、使い続けることで体が覚え、扱いが上手くなり、早くなります。
と、同時に何かが変わった時は意識しておかないと今回のようなミスを冒してしまいます。

例えば、少し前にショーケースの内側にはジェラートを盛るための台を置いているのですが、それを刷新したことがあって、その時に長さをほんの少し変えました。
変えてすぐの頃は、2mくらいあるうちの10cmくらいですが、何度か踏み外してしまったものです。
ほんの少しのことでも、体で覚えてしまったことは身に付いてしまっているものです。

そして、同じ事を繰り返すことで頭で考えなくても体が先に動くようになり、鍛錬されていきます。そうやって、仕事が効率化され、能力も伸びていくんだろうなと思います。

でも、昨日指を切ってしまったように、慣れに身を任せるのも危険なこともあります。
自分の事は常に過信し過ぎないこともまた大切なんだと改めて思った出来事でした。