Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 08.29.2012 9:21am

ワイルドミルク

今日から新宿伊勢丹にて「秋の大北海道展」という催事が行われています。
期間は8/29〜9/3となっています。

その中で、いつもお世話になっているワイルドミルクを作られている山本牧場さんが出展されています。実は、メールや電話ではよくやりとりしていたのですが、なかなかタイミングが合わずお会いしたことがありませんでした。

今日、初めてお会い出来、色々お話も出来て本当に良かったです。
今年は絶対に北海道に行って、一番お世話になっている牛さんたちに会わなければと思っています。

さて、せっかくなので「ワイルドミルク」について改めてご紹介を少し。
※山本牧場さんのウェブサイトから抜粋しつつ。

牛は牧草で育てるもの。
と思っている人が多いかもしれませんが、実はそうではありません。

殆どが穀物を中心とした栄養バランスを考えられた配合飼料を食べて育てられています。
山本さんは、年月をかけてその常識を覆し、「牛は草で育つもの」と言う当たり前のことを実現されています。
さらに、その牧草も無農薬、化学肥料不使用という方法で自ら作られています。

そして、牛たちを牛舎に入れず、寒い冬の間も完全放牧という方法を取っているため、とにかく屈強な牛たちに育っています。これがワイルドたる由縁です。

仕事柄、かなり色々な牛乳は試してきました。
こういったうんちく的なことはもちろん、どこでもありますが、このワイルドミルクは飲んですぐ分かるくらいその違いが明らかです。
精神的なものではなく、一口飲んで牛乳らしい牛乳の味が分かります。逆に牛乳の味が強いので、ジェラートにする場合、他のフレーバーに勝ってしまうこともあるので、ミルクのベースとしては使いにくい部分もありますが、ミルクジェラートとして食べるとミルク感を素直に楽しむことができます。

そんなワイルドミルクをこの期間だけ、新宿伊勢丹で行われている北海道展で販売されていて、試飲をやっている時もあるようなので、是非お立ち寄りの際は試してみてください。