Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 12.28.2012 12:26am

2012年を振り返る。

今日で無事2012年の営業を終えることができました。
昨日と今日は「食べ納め会」をやって、寒い中沢山のお客様に来ていただけました。二日間とも来ていただいた方も多く、2カップ以上召し上がる方も多くてまさにジェラートの食べ納め会に相応しい最後の営業日となりました。
本当にありがとうございました!

さて、今日のうちに今年をちょっと振り返っておこうと思います。

◆1月
今年もイタリアで行われるジェラート国際大会に参加してきました。結果は全然ダメでしたが、お世話になっているフレスコさんとのコラボ的なコーヒー味のジェラートは今まで作った中で一番と言えるくらいバランスの良いジェラートでした。
伊澤君と一緒にイタリアに行けたのは楽しい旅となりました。
と同時に、ジェラテリアとして一年の中で一番厳しい月でもありました。

◆2月
イタリアから帰って来てから、急ピッチでバレンタインの準備をしました。今年もチョコレートフレーバーてんこ盛りでした。この2月にドモリ社のチョコレートの良さに気付き、ドモリにはまりました。

◆3月
11日に2周年を迎えました。2周年のお祝いにと言う事で、お客様にお花を持って来ていただいて店内がお花で埋め尽くされました。色々振る舞って、思いの外沢山のお客様にお祝いしていただけて、幸せなひと時でした。
それに、この時パーラー江古田さんに作ってもらったパンを使った「パンとジェラート」もデビューしました。
そして、今となっては懐かしいにっしーも3月いっぱいまででした。

◆4月
この月から新しいスタッフが沢山入りました。今となってはお馴染みのメンバーとなりましたが、急に沢山入ったので色々大変な時期でもありました。
何より、「笑ってこらえて」で紹介いただいてから、今年の山場が早くもやって来ました。
連日の慣れない行列で色々ご迷惑もおかけしてしまいました。

◆5月
引き続きテレビの影響もあって、忙しい毎日でした。殆ど記憶がないくらい。
GWには恒例の日替わりフレーバーをお出しして好評いただけました。この頃から早くもお中元の準備に追われる日々が始まりました。

◆6月
雨の日フレーバーが活躍した梅雨の6月。
この頃から今のシンチェリータのウェブサイトを作る打ち合わせや文章を考えたり写真を撮ったりという事務作業的な事が多かった時期でした。

◆7月
暑くなってきた季節。
もはや忙し過ぎてほとんど覚えていない始末。この頃はすっかり体重も減っていたような。。。

◆8月
8月から株式会社シンチェリータとなりました。
あまり変わりはありませんが、経営者としても始動しました。

◆9月
初めてのイタリア展に出店。
少人数でのチャレンジはなかなか大変でした。友人といつも手伝ってくれている仲間に感謝。

◆10月
栗週間をやりました。栗の扱いが少しずつ分かって、なかなか美味しい栗のジェラートを作ることが出来ました。気温が下がりこの時期になると急激にお店も落ち着いてきました。毎年やってくる厳しいジェラテリアの季節到来となりました。

◆11月
遅い夏休みをいただいて中標津の山本牧場に伺いました。
ワイルドミルクの生産地や山本さんとお会いできたことはとても良い経験となりました。12月にはワイルドミルクの販売会を行ってみたところ、思いの外ご好評いただけました。

◆12月
今年は特にクリスマスケーキを何かに取り上げてもらうこともなかったので、昨年ほど大変ではありませんでしたが、地元の方々に沢山ジェラートケーキを選んでいただけて嬉しかったです。

。。。と、簡単に振り返ってみました。
今年は4月のテレビで取り上げていただいたことが、きっかけでその後ずっと忙しかった気がします。でも、これはあくまでテレビの力なので私たちの力という訳ではありませんし、そのせいもあって、自分たちのキャパを越えてしまったこともあって、お待たせしたり、オンラインを休止せざるを得なかったりと、ご迷惑をおかけしてしまいました。

それに加え、仕事に終われ過ぎてジェラート作りに専念出来ないことも多くて、そういった意味でもフラストレーションがあったかもしれません。

「作る」という部分では、まだまだやり残したこともあるので、来年はそのあたりも改善したいなと思います。一方で、今年一年経ってみてジェラテリアというビジネスモデルが少し見えてきました。
1店舗だけの街のジェラテリアでもビジネスとして成り立つということを証明していくことが出来ればいいなと思います。

それでは、改めて今年一年本当にありがとうございました!来年も引き続きよろしくお願いいたします。