Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 02.26.2013 10:46pm

食わず嫌い。

「食わず嫌い」の意味は、「ある食べ物に対して否定的な固定観念を抱き、口にする前にその食べ物を拒絶すること。」だそうです。(Wikipediaより)

食わず嫌いになる理由は色々あるでしょうが、単純に食べたものが美味しくなかったという理由も食わず嫌いの理由になるでしょう。例えば、小さい頃食べて美味しくなかった思い出が強くて、大人になっても食べた事がないということも多いのではないかと思います。

日本は特にそういうものが多いように思います。
それは、元々の食べ物の名前はそのままにも関わらず、本来とは全く違った食べ物になってしまっているケースです。

例えば、牛乳嫌い。小さい頃飲んだ牛乳の嫌な思い出が強いパターンはよく耳にします。実際、高温殺菌牛乳と低温殺菌牛乳だと全く違ったものではありますが、「牛乳」と一括りにされるのが当たり前です。
コーヒーを飲むと気持ちが悪くなるということも割とよく耳にしますが、これはコーヒーが劣化していることが原因だと考えられますが、それも一般的に出回っているコーヒーが劣化していることが多いので当たり前です。

チーズ類、生ハム、ヨーグルト、アイス。。。沢山のものが、同じ名前をしていても明らかに違う品質のものが多いこともまた、食わず嫌いが増える大きな原因だと思います。

最近まで、シナモンは苦手な香りの一つでした。
でも、改めて色々シナモンを試してみたところ、良い香りだと思えるシナモンもあることを知りました。シナモンは木の香りだという事をちゃんと理解できました。今まではどちらかと言えば科学的な何かみたいな香りでしかないと思っていましたが、ちゃんとしたシナモンを扱うとなるほどなと思いました。

そんなセイロン産のシナモンを使った「シナモンミルク」のジェラートを明日の雨の日フレーバーにします!合わせて、シナモンクッキーも登場していますので、そちらも是非お試しいただければと思います。