Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 03.03.2013 10:43pm

3周年ミルク

気が付けば1週間後の11日に3周年を迎えます。
昨年はちょっと張り切り過ぎたので、今年はちょっとゆるやかに。と思いつつも、メニューが決まったと思うと結局、昨年と変わらないようなラインナップになりそうです。。。こちらは、また改めてお知らせします。

今日は、その3周年に向けて「3周年ミルク」というフレーバーを作りました。
これは、昨年から思い付きで始めたのですが、
「その時の自分が最良と思う材料と配合と作り方でベストなミルクジェラートを作ろう。」
というものです。

2周年ミルクの時は、確か、ワイルドミルクを使い、アカシアの蜂蜜をメインに和三盆を加えたシンプルな組合せで作りました。砂糖は全く使わずリッチな甘さが特徴的でした。

結局、材料的には1年経ってもこれらの材料がベストだと思うので、今年の牛乳も北海道は山本牧場のワイルドミルクを使い、甘みには和三盆をメインにアカシアの蜂蜜を少なめに加え、グラニュー糖もほんの少し加えました。

今年の特徴は、和三盆が甘みの大半を占めていることと、甘みの構成を少し複雑にしたことに加え、ただいま研究中の旨みを少し加えていることです。
また、乳脂肪は少し抑え目でかなりアッサリしつつも、牛乳らしい美味しさをと思って考えてみました。

和三盆は優しくも独特な風味があって口溶け感を良くしてくれ、蜂蜜は甘みに奥深さを与え、グラニュー糖はキリッとした甘さで力強さを出してくれます。一口目の甘さはグラニュー糖のガツンとした感じがあって、徐々に口の中で溶けていくにつれ、優しい甘さとミルク感が残っていくように考えて作りました。

今年もガッツリ原価を気にせず作ったプレーンなミルクジェラートです。
山本牧場の山本さんが言うには、ちょうどこの時期は分娩の関係性もあって、搾乳量が少なくなってしまう反面、牛乳の美味しさが一番良い季節だということを昨年伺った時に聞きました。
ちょうど、毎年ベストなミルクジェラートを作るに適した時期にオープンしたことも何かの思し召しかもしれません。

今年は少し早めに明日から販売します。
2週間以上くらいは販売出来るかと思うので、是非、この期間にお越しの際は3周年ミルクを食べてみてください。申し訳ありませんが、テイクアウトとオンラインでの販売のご用意がありません。店頭で一番良い状態で召し上がってもらえるよう、ベストなコンディションで提供します。