Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 03.23.2013 10:32pm

ブリオッシュコンジェラート。

私がイタリアにいたのは10年ほど前のことですが、ジェラテリアは沢山食べ歩きましたが、正直、「ブリオッシュコンジェラート」を食べた覚えも見た覚えもありません。
この2、3年くらい毎年のようにイタリアに行っていますが、気にしてみると実は結構置いてあることに気付きます。

イタリアにはジェラテリアといっても、何パターンかあって、純粋にジェラートだけを売るお店もあれば、ジェラートケーキやホットチョコを置いてあるお店もあれば、BARと合体したエスプレッソドリンクも飲めるお店やキオスクみたいなものが合体したジェラテリアもあります。

その中でブリオッシュコンジェラートが食べることが出来るのは、BARが合体したお店が多いように思います。
発祥はシチリアとされていますが、今ではイタリア全土で食べることが出来るようです。実際、ミラノやトリノでも見かけました。

ただ、どのタイミングで食べるのかはちょっと分からない部分でもありますが、小腹が空いた時に食べるのかなぁと想像しています。
だいたい、ジェラートを3種くらい選んで割と大きなパンにディッシャーでカチャカチャと入れてくれます。ジェラート+150円〜200円くらいだったと思います。

パン自体はブリオッシュといって、卵とバターがたっぷりのパッサパサのパンです。パン自体は美味しいものではありませんが、ジェラートの水分を吸って一緒に食べると不思議なことに美味しいです。
といっても、もっと美味しく作れそうだなぁとずっと思っていました。

あと、イタリアはボリューミー過ぎてちょっと食べるには食べ疲れてしまう感もありました。もうちょっとこぶりな方がいいなとも思いました。

そのあたりを鑑みて始めたのが「パンとジェラート」です。
ネーミングも味も気に入っていて、これはきっと誰が食べても美味しく感じるだろうなという組み合わせです。美味しいパンと美味しいジェラートの組み合わせなんて、どう考えても素敵過ぎます。我ながら。

とは言え、シチリアのカラッとした気候の中でパッサパサのパンにたっぷりのジェラートを挟んで食べる気持ち良さに勝るものはないかもしれません。イタリア旅行の際には、是非ブリオッシュコンジェラートを試してみてください。