Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 10.22.2013 5:07pm

コペンハーゲン。

今日からは、あまり興味がないかもしれませんが、旅の中で感じたことなどを書いていこうかなと思っています。昔から旅をしながら感じたことを言葉にすることが好きだったので、人様に読んでもらえる内容ではないかもしれませんが、書き記していこうと思います。そして、いつもと違い、徒然なるままに書いてしまうと思うので長くなりがちかもしれません。

11時間の長いフライトでしたが、久しぶりにゆっくりと小説を読んだり、映画を見たりしていると割とすぐに過ぎました。それでも、窮屈だし体は疲れてしまいましたが。

とは言え、無事に予定より早くにコペンハーゲンに到着しました。
思っていたよりは寒くなく、東京より少し寒いくらいでしょうか。こちらに着いたのは16時頃で、まだ空も明るくせっかくなので外観だけ見たかった今年出来たばかりの”The Blue Planet”という水族館に寄ってみました。
かなりモダンな建造物はなかなか見応えがありました。時間もないし、結局外観を見ただけですが、その道すがら住宅を眺めながら、歩く人たちを見ているとその国らしさみたいなものが感じ取れます。

最初に感じたことは、まず空気が綺麗なこと、建物が綺麗なこと、人々がオシャレなことです。全てにおいてセンスが良いという感じがします。あまり奇抜なことを好まずシンプルな生活を好んでいるんだろうなということが節々から感じられます。個人的にはイタリアとか西ヨーロッパよりも合うような気がしています。

ただ、街をブラブラするのも楽しいもので、全体的に人が少なく、暗い印象です。暗いというのは、物理的な暗さで照明が少なく、お店もだいたい暗いです。カフェなんかに行くと目が悪くなるんじゃないかというくらい暗い感じがしますが、これくらいの方が雰囲気も良いしエコだし慣れれば問題なさそうだし、これくらいで良いんじゃないかと個人的には思います。

今日は何軒かコーヒー巡りをしたところ、インテリアのセンスの良さとコーヒーのクオリティの高さに驚かされました。コーヒーに詳しい人の中では有名なことですが、デンマークはバリスタ大会で優勝した人が多い国として有名です。コペンハーゲンにはそんなお店がたくさんあり、元々のレベルがかなり高いようです。そういうこともあってか今のところ、スターバックスはまだ見かけていません。

そして、どのコーヒーショップもみんなコーヒー片手に長居しながらお話するという文化が根付いているようで、どこもとても繁盛していました。
まだ数軒しか見てないので、分かりませんがあまり強い味をこのまないのか、綺麗な味のコーヒーが多く、ミルクも美味しいのでカフェラテもとても美味しいものでした。今日は寄ったところは、コーヒーの量に対してミルクが多いのも特徴的でした。

僕の旅につきものなのは、コーヒー巡り、アイス巡り、乳製品を色々試すことなので、今回も色々試してみようと思っています。ちょっと言葉を勉強しないと牛乳などは読み取れないと分からないこともあるのでちょっと困りました。

それでは、また明日。