Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 10.26.2013 4:52pm

デンマークのごはん。

仕事柄と関係なく、「食」については昔から興味深かったので、海外の食事情を自分ながら観察して、考察してみることが好きだったので、今回もいつも通りデンマークの食事情をを調査してきました。

一番は大型のスーパーに行って、普通の市民の買う物を見たり、商品を見たりすることが楽しいし、分かりやすいかと思っています。
結論から言うと、イタリアやフランス、スペインなどの西洋に比べると楽しくありませんでした。時期的なものもあるかもしれませんが、やはり寒い国だからか野菜と果物がほとんど採れないようで、オランダ、スペイン、イタリアのものが多く、中にはチリなどの南米から来ているものも多かったです。種類も多くないし見るからにフレッシュさに欠けるものが多いのも印象的でした。

冷凍ものは割と充実していますが、イタリア系のラザーニャとか、パスタとかそういった感じのものが多いです。ワインも最近少し作れるようになってきたようですが、フランスやイタリア、チリなどのワインが中心で比べると品揃えが豊富と言えるものではありません。
水の種類も少ないし、スナック系のお菓子も、甘い系のお菓子もあまり充実していません。基本的には海外のものが多いように感じました。

逆に充実している分野は魚介類、乳製品、豚肉の加工品です。
中でも、乳製品は面白く、牛乳、ヨーグルト、バターなど全般的に低脂肪が好まれるのか、バリエーションが豊富でした。
牛乳の乳脂肪が、0.1%、0.4%、1.5%、3.5%、ジャージーという風に細かく分けられていたのも面白かったです。

割とオーガニックが流行っているのか、オーガニックと表記されている商品が目立つように置かれていました。

パンは伝統的なライ麦系のものやデニッシュのものが多く、バゲットのようなフランスよりのものは少ないです。粉が美味しいこともあって、シンプルなパンは美味しく、サイズが基本的にかなり大きいようでした。
パン屋さんはそれほどたくさんないようで、調べ切れていませんが、有名なパン職人の店みたいなものもあまりないようです。甘い系のパンはちょっと甘過ぎる印象です。

個人的には、野菜を美味しく摂取できないのが寂しく感じました。やっぱり、毎日の食生活には美味しいオリーブオイルとトマトがあるような生活の方が健全なように感じます。

実際、どんな食生活を送っているのかとても興味深いので、いつか誰かに教えてもらいたいものです。
それでも、乳製品はとても美味しいし、林檎がとにかく種類が多くて美味しいし、なかなか楽しい食巡りでした。