Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 02.06.2014 9:49pm

カカオシュトーレン。

おかげさまでカカオ祭りは好評で、そろそろ量的に折り返しました。なくなってくるフレーバーもあるので、気になる方は引き続きお早めにどうぞ。

今年は初めてのことだったり、体調不良があったりとバレンタイン商品が遅れていますが、ようやく少しずつ店頭に並び始めました。今日から「アイスクッキー」という名前でいつものメルファリーナというクッキーのシリーズが並んでいます。
アイス型のクッキーで、プレーン、チョコレート、チョコチップの3種類のセットがあります。

そして、昨年の12月に作って人気だったシュトーレンをバレンタインバージョンで作りました。もはや、時期も作り方も配合もシュトーレンとは違ってきてはいますが、チョコレートを使ったシュトーレンというイメージで作ってみました。

元々慣れない分野のためもあって、今回は仮説を立てつつ試作をしながらも何度か失敗しながらもようやく完成しました。
最初はジャンドゥーヤ(チョコレート×ヘーゼルナッツ)をイメージして作ったのですが、カカオパウダーとチョコレートをチョコチップ的にして、ヘーゼルナッツ粉とヘーゼルナッツを多めに混ぜ込んだのですが、やっぱりドライフルーツがないとしっとりしないし、どうもシュトーレンらしくもないので、あえなく失敗。。。

やっぱり、生地自体がもっとチョコらしく、そして、しっとり感を目指して改良しました。生地にDOMORIのアプリマク(ペルー産)を溶かして混ぜ込み、アルマニャックに漬け込んだレーズン、ヘーゼルナッツ粉とヘーゼルナッツ、さらにチョコチップを混ぜ込みました。
材料が良いから絶対美味しくなるという訳でもありませんが、今回の材料も惜しまず良いものばかり集めました。
ヘーゼルナッツはシチリア産、チョコレートはDOMORI、アルマニャックはジュラス地方の10年もの、レーズンは有機のもの、バターはAOCのパンプリーバター、醗酵種は自家製レーズン酵母と生イースト、小麦粉は国産を中心にという感じです。まわりには、和三盆とDOMORIのカカオパウダーをまぶしてあります。

クリスマスシュトーレンの時よりも、焼き菓子よりになった印象があって、まわりはサクッと中はガトーショコラのようなしっとり感があって、醗酵バターの香りとレーズンの瑞々しさとヘーゼルナッツの香ばしさが相まってなかなか良いバランスになりました。

シュトーレンというのは、旨味が詰まった一切れを毎日食べるというもの。何だかロマンがあって個人的に気に入ったお菓子の一つです。
そして、時間と共に熟成させ、味わいも変わっていくというお菓子はなかなかないような気がするので、そこを計算して作るというのも作り手としてはフレッシュ感を大切にするジェラートとは全然違った方向性でそれも面白いです。

という訳で、時期外れかもしれませんが、カカオシュトーレン焼き上がったので明日から予約開始します!お渡しは2/9(日)からとなります。