Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 02.23.2014 9:42pm

白チョコシュトーレンも。

熱しやすく冷めやすい。
僕は割とこれに当てはまる方だと自負しております。

時には野菜にはまり、ヨーグルトにはまり、生ハムにはまり、パンにはまり、ただいまシュトーレンにはまり中。

熱して冷めないジャンルのものもありますが、結局色々やり過ぎて冷めていってしまうものもありますが、熱した時はとことんやってやろうというのがモットーでもあります。
何でもそうですが、気持ちが乗っている時こそ良いものが出来ると信じています。

という訳で、昨年末からシュトーレン作りに熱しています。

単純に作るのが楽しく、味の表現としても楽しいのが一番の理由ではありますが、お店としてもやはり集客が減る冬の季節の打開策の一つとしてなかなか良いアイテムだと思っています。

シニフィアンシニフィエのレシピを元に試行錯誤して作り始めたのですが、作る工程も効率的で日持ちもして、尚且つ、元々やってみたかった焼き菓子とパンの間、つまり、発酵菓子のジャンルは追求したいと思っていたので、そこも僕の好奇心にヒットしたのかもしれません。

素材作りはここ数年ずっとやっていて、例えば、柑橘ピールを自分で作ったり、他の果物もドライにすることは色々チャレンジしているものの、ジェラートには使いにくいことが多いので、せっかく美味しいセミドライフルーツが作れても、最終的によりそれを活かした商品作りが出来ていなかったので、シュトーレンはそれを活かせるかなとも思っています。

今まで作ったのは柑橘ピールのシュトーレンですが、これからの季節は苺でもやってみたいし、その季節の果物を使ったシュトーレンがあっても面白いと思っています。
もはや、時期も作り方も一般的ではなくなってしまっているので、シュトーレンと呼ぶのは違うような気もしますが、今のところ他の良い名前を思いつかないので、シュトーレンと呼ぶことにします。

ジェラートで忙しくなり出すとなかなか作れなくなってしまうかもしれませんが、今のところ、売れ行きと時間を見つけて作っていこうと思っています。
今日は、DOMORIのホワイトチョコレートとヘーゼルナッツとレーズンのシュトーレンを作りました。これもまた、自分で言うのもなんですが、なかなか美味です。カカオパウダーの風味が好きでないので、今回は全く使っていないためよりフレッシュで爽やかな印象な仕上がりです。

今後の課題としては、ドライフルーツを自分で選んだワインに漬け込んだり、酵母を苺や他の果物でやってみたりと色々やってみたいこともあります。
ただ、ジェラテリアにシュトーレンを買いに来る人はなかなか希少で、リピートしてくださる方が多いものの、毎日1切れずつ食べても2週間くらい食べ終わるのにかかってしまうので、買いたいけれど、まだ残っているんですよというお客さんも多いので、売れ行きを見ながら作っていく予定です。

クリスマス時期でない時に、色々な種類のシュトーレンを作っている人もなかなかいないと思うので、こういったことはとにかく数を重ねていくことでクオリティも上がるし、バリエーションも増えていくものだと思うので、
引き続きやっていこうと目論んでいます。コツが分かってくれば、より美味しいものが出来るはずだし、まだ終わったばかりですが、次のクリスマス前には向けてという意味でも何か面白いことが出来そうな予感もあります。

一先ず、白チョコシュトーレンと名付けた、今回のものもナッツバージョンと柑橘バージョンの2種類ご用意する予定です。一先ず、ナッツバージョンは今日から予約受け付けています。また、急なお知らせになってしまうかもしれませんが、随時お知らせします。

そして、ジェラートはカカオ祭りも終わりが近づき、今日から新作が出ています。ラムレザン、おいこ娘(サツマイモ)、伊予柑の3種類です。
まだまだ寒い時期が続きますが、ジェラートと共に冬のシュトーレンも宜しくお願いします。新作の詳細はまた後日お知らせします。