Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 05.03.2014 5:52pm

こどもジェラートコンテスト結果発表!

こどもジェラートコンテスト結果発表!

お知らせがギリギリになってしまいましたが、こどもジェラートコンテストの選定&制作が完了しました。毎年そうなのですが、選考基準はどちらかと言えばフレーバーのアイデア重視。
見た目も大事なのですが、ジェラート職人としてはやっぱり新しいフレーバーのアイデアの源泉ともなるべく、こどもたちの夢のあるフレーバーを現実にしたい所存です。

そして、残念ながら落選してしまったみんなに申し訳ない気持ちでいっぱいだけど、世の中の厳しさも少し分かってもらえるといいなと思います。

という訳で、今年は4種類作りました。

◆とうもろこし&お米
〈原文〉とうもろこしのあまいあじと、おこめのつぶつぶしているのがポイントです。

なんとも斬新なアイデア!7才の子がよく思いつくなぁと言うか、食に対するセンス溢れるアイデアで頭が下がります。
煮詰めた濃縮とうもろこしを混ぜ込んだミルクジェラートをベースに、砂糖とミルクで煮たお米を食感として混ぜ込んでいます。お米はどうしても糖分が入りにくいので、冷凍すると固くなってしまうので、思ったようなプチプチ感は表現できていないかもしれませんが、ちゃんと美味しいジェラートに仕上がりました。コーンポタージュのような味わいのジェラートはなかなか新鮮。

◆うめぼしはちみつ
〈原文〉あまいあじでもすっぱいあじもあるよ。

きっとここ最近、梅干の主流になりつつある蜂蜜梅みたいなイメージだと思われるフレーバー。
あまり酸っぱい梅干は今の味覚に合わないのか塩分低めでちょっと甘い梅干が人気な気がするので、そんなイメージで作りました。
もうちょっと酸っぱさがあっても良いかなぁとも思うけれど、ジェラートとしては普通に美味しい。梅干にそんなに詳しくないこともあって、もうちょっと研究すれば通常フレーバーとしても出せそうな素材な気もしています。日本人の味覚にも合うし、熟成された旨味もあるので意外とスイーツにも使えそうな素材ではないかと思っています。

◆COWM(コウム)
〈原文〉チョコレートのジェラートの中にマシュマロとくるみとオレンジピールが入っていろいろな味と食かんが楽しめるジェラートです。

小学生になるとアイデアもまた洒落ています。
カカオのジェラートに、オレンジピール、胡桃、マシュマロが入ったフレーバー。チョコレートに色んな食感があるというのは楽しいものです。マシュマロは個人的に好きではないものなので、こんな機会がないと作らないだろうなぁというフレーバーです。
さくっとした胡桃の食感、ねちっとしたオレンジピールの食感、ふわっとしたマシュマロの食感。きっと、こんな食感のバリエーションをイメージして考えてくれたと思うのですが、冷凍するとなかなか思うような感じにはなりませんが、忠実に混ぜ込んでみました。

◆ソーダアイス
〈原文〉おいしいソーダアイス、さくらんぼがなかにはいっているアイス。

一番苦戦したソーダ味のジェラート。
ソーダ味をみくびっていました。所謂、サイダー的なドリンクをそのままジェラートにすれば、ハイ!ソーダジェラートの出来上がり。になると思っていました。
サイダーの構成要素は、水、炭酸、砂糖、酸味料、香料。だいたいが人工的なものです。普段使い慣れない、こういった素材は正直よく分からないし、普通にはあまり手に入らないもの。ジェラート作りで、出せないくらい失敗したのは初めてくらいでした。
色々悩んだ挙句、あまり既成のソーダを気にしないことにして、自分流のソーダジェラートを作ることにしました。ソーダ味とは言わば、酸味と甘みと「らしい香り」さえあれば、ソーダっぽくなると思うので、今回は、りんご、レモン、蜂蜜、エルダーフラワーシロップ、その他糖類をバランス良く配合することにしました。最後に懐かしいパチパチするのを混ぜ込んでいます。

こどもが思う、所謂青いソーダ味ではありませんが、美味しいソーダっぽいジェラートに仕上がったように思います。

あまり量は作れていませんが、5月5日のこどもの日に朝から全フレーバーが並びます。