Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 07.01.2014 5:36pm

この季節の果物たち。

この時期くらいから急に果物が増えてくるのと同時に、あぁ夏がやって来たなと感じます。
プラム、白桃、ライチ、スイカなどなど。

暑くなり出すこの時期に体が欲する果物が自然とこの時期に出来るのは本当によく出来ているなぁと関心します。まさに旬。

果物からしてもこれくらいの気温と湿度があって良い感じに熟し、僕たちはその恩恵を享受する。
自然とは本当に上手くできているものですね。旬のものを食べると体に馴染み、美味しいと感じるのはそう考えると当たり前のことなのかもしれません。
同じ果物の中でも、早生品種や晩生品種などもあり、早生品種は早いらしい味わいになり、晩生品種は遅いらしい味わいがするのも面白いものです。

逆に、無理やり通年食べれるようにしたりするのは非合理的だし、人工的過ぎて良くないような気もします。

こうやって旬を意識しながら、自然のサイクルに合わせてジェラートを作っていくのが美味しさに繋がるし、僕たち自身もより自然な生活をしているようにも思います。

気を付けないといけないのは、この季節の果物の旬が早いということ。
忙しくてバタバタしていて、せっかくの美味しい時期を見逃してしまうということもあるので、しっかりチェックしていかないといけません。

7月の新作には、プラムやライチグレープフルーツ、ちょっと遅れてペスカ(白桃)も出せそうです。
暑い季節にピッタリなジェラートたちが並ぶのもこの季節だけだと思うと、ジェラートを食べない訳にはいきませんね。

7月も宜しくお願いします!