Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 10.08.2014 5:16pm

紅茶ウィーク。

ここ最近、毎週末に限定フレーバーを出していますが、今週は明日からなくなるまでの間「紅茶ウィーク」をやってみます。

今年は縁があって、美味しい紅茶との出会いがあったので、紅茶のジェラートの美味しさを知ってもらうべく、色々な紅茶フレーバーを作ってみました。
本当はもうちょっとマニアック紅茶や紅茶を使った組み合わせのフレーバーなどもやりたいところではありますが、まずは紅茶の違いが楽しめるラインナップでいきましょう。

■ダージリンミルク(プレミアムフレーバー)
今年、一度作ったダージリンミルクを再び。
前回は2013年の茶葉だったのですが、今回は2014年の茶葉で作りました。同時に食べ比べることが出来ないので違いはなかなか表現しにくいですが、紅茶自体は今年は雨が多くて良かったそうです。
熟成したマスカットのような香りが特徴的なヴィンテージマスカテルというダージリンの美味しさがよく表現されていると思います。
こちらはプレミアムフレーバーとして、プラス料金をいただきますが、それに見合う美味しさだと自信を持って提供します。

■アールグレイ
毎年作っているアールグレイ。
こちらはいつも通りのアールグレイです。ベルガモットの香りがするフレーバーティーとしては一番有名なアールグレイをそのままジェラートにしています。
しっかりした香りと爽やかさが他の紅茶フレーバーとのコントラストとして良さそうです。

■アッサム
アッサム地方のハティクリ茶園という茶園のオーガニックアッサムを使っています。
こちらもマカイバリさんの紅茶なのですが、アッサムがこれほどまで美味しいとは思っていなかったので、個人的にもとても驚いた紅茶です。
一般的にもミルクティーに合うとされているアッサムだけあって、本当によくミルクに合います。ダージリンのような爽やかさでなかくて、芳醇で濃厚な印象を感じると思います。秋冬にピッタリな紅茶フレーバーです。

■チャイ
アッサム地方のベルサリ茶園のオーガニックアッサムを使って、スリランカのオーガニックスパイスを合わせたチャイのジェラートを作りました。
チャイって割とスパイスが強くて苦手だったのですが、スパイスも色々あってナチュラルなスパイスというのもあるんだなぁと勉強になりました。
クローブ、カルダモン、しょうが、こしょう、シナモンが配合されていて、しっかり紅茶の味が出るCTCという製法のアッサム茶葉を使っています。

チャイも茶葉はアッサムなのですが、茶園が違い製法が違うことで全然違う味わいになります。
この4種類であれば、紅茶のトリオで食べてもそれほど味が被らないので食べ比べをしてみても面白いかもしれません。

ダージリンをミルクに合わせるということは普段ないとは思いますが意外と相性が良いですし、こうやって紅茶のフレーバーが色々あるジェラテリアというのも少ないと思うので、この機会に是非、紅茶のジェラートを色々食べてみてください!