Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 12.15.2014 4:58pm

シュトーレン第三弾。

おかげさまでクリスマスケーキは順調にご予約いただいています。
製造はだいたい終わりを向かえました。スノーハウスは完売しましたが、他のフレーバーはまだご予約承っています。

シュトーレンも、第一弾「ナッツのシュトーレン」、第二弾「栗のシュトーレン」ともに完売し、第三弾?ナッツのシュトーレンの予約を承っています。

昨年はちょうど今頃にようやく作り始めたのであまり本数を作れなかったのですが、今年は早めに取り掛かったため、100本くらいはすでに作りました。
数をこなすと成型もどんどん上達するし、もっとこういうのを作りたいなという欲も出てくるというものです。

そういうこともあって、現在第三弾を作っているところです。

第三弾は最初のナッツと違って、ナッツの種類と量が違います。
イタリア産アーモンド、グルノーブル産くるみ、アメリカ産ピーカンナッツ。今、僕が個人的に一番好みナッツたちを集めました。ナッツ類も品種も多く、産地も色々な上、最近は一番価格の高騰が激しい素材なのですが、寒い季節にはやっぱりナッツの油分が美味しく感じると思うので贅沢ナッツのシュトーレンを目指して作りました。

粉量の1.5倍ほどナッツが入っているため、もはやシュトーレンというよりは以前作っていたビスコテッィのようにナッツをそのまま食べているような感覚になります。
シュトーレン感をもう少し出そうと思い、こちらも最近何かとお世話になっているセイロン産のシナモンを混ぜ込みました。

バターも少し多めに配合したのでよりリッチな味わいに仕上がっているかと思います。
素材だけでもかなり良いものばかりを贅沢に使っているので、なかなか他にないシュトーレンになったなと思います。
ただ、所謂シュトーレンとはかなりかけ離れてしまってもいるので、そのあたりご了承ください。

具が多過ぎてカットするのが難しいのも難点で、割れてしまいがちだと思うので、今後の課題でもあります。

あまりクリスマスを意識して作っている訳ではないので、冬の間は色々なフレーバーのシュトーレンを作っていく予定なので、今後も期待してください。
年内は?ナッツのシュトーレンでいく予定ですが、何か思い付いたらまた作りたいなと思います。

シュトーレンというのは、やっぱりシンプルというよりは、昔から伝統的であるような多重な組み合わせが美味しいんだろうなと思うようになりました。
スパイスやお酒が効いていて具沢山。今後はより多重な組み合わせを目指して作っていきたいなと思っています。