Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 03.05.2015 4:34pm

3月11日で5周年。

3月11日でシンチェリータは5周年を迎えます。
毎年恒例になってきましたが、3月11日の18時半頃からちょっとしたパーティーを催します。パーティーというほど大袈裟なことでもないので、気軽にぶらっとお立ち寄りください。

ちょっとした食べ物やナチュラルなワインなどご用意する予定です。

5周年ということで、自分たちでオリジナルバッグとポストカードと記念ポイントカードを作ってみました。
あまり本業から外れることはしたくないなと思っていたのですが、5年間頑張ったのでご褒美的に作ってみたので、11日から店頭に並べる予定なので是非見てみてください。
オリジナルバッグとポストカードは販売予定です。

今日は、そんな準備を色々進めながら改めてお世話になった方やお客さんの名前や顔を浮かべていたら、本当に沢山いて改めて感謝です。ジェラートが作りたいからという理由だけでは、5年間続けることなんてできません。素材を提供してくれる方々がいて、ジェラートを食べに来てくださるお客さまがいて、初めて毎日ジェラートを作ることができます。
そう思うと、作らせてもらっているという表現が一番適しているのかもしれないなと思います。

毎年、周年フレーバーとしてその時一番美味しいと思えるミルクジェラートを作るという企画をやってきましたが、今年は5年間の集大成と言うと大袈裟ですが、キリが良い5周年ということで、シンチェリータらしいオリジナルなフレーバーを作ることにしました。

フレーバー名は「シンチェリータ」。
今更ながら、意味はイタリア語で率直とか誠実。直訳するとちょっと恥ずかしいけど、良い言葉。
5年を経た後の今、率直に作りたいフレーバーを作ったという意味のシンチェリータ。

ベースはシンプルなミルクジェラート。僕はジェラートと言えば、出来るだけプレーンなジェラートで、滑らかな口当たりと口溶けというものが基本的に好きなので、そこをより追求したものにしたいなと思って考えました。今回は敢えて、どこどこ産の何々を使ったという説明はやめにしました。出来るだけ、味の偏見みたいなものをなくしたかったので、食べて美味しさを感じてもらいたいジェラートでありたいと思って作りました。

とは言え、アレルギーのこともありますし全く検討も付かないと良くないので簡単に説明すると、小麦粉の旨みと卵白で作ったメレンゲを加えることで生み出される質感を大切にした滋味深いミルクジェラートです。基本的にはプレーンなミルク味に近いです。

「シンチェリータ」フレーバーも11日から店頭に並びます。2週間ほどオンラインショップでも販売予定です。尚、お店でのテイクアウトは今のところ予定していません。

その他、5周年企画を色々考えているので、また少しずつお知らせします。

3月11日は、是非、予定を空けておいてください。夕方頃にぶらっとお立ち寄りいただければ嬉しいです。