Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 07.20.2015 2:42pm

海の日にはスイカのグラニータ。

毎年、海の日にはいつからかスイカのジェラートを作っていたのですが、昨年あたりから月のフレーバーとして出していることもあって、どうしようかなぁと思っていたところ、ちょうど、先月イタリアで食べたスイカのグラニータがとても美味しかったことを思い出したので、せっかくなので自分でも作ってみなさんにも味わってもらいたいので、明日の海の日には「スイカのグラニータ」をやってみます」!

グラニータはシチリア発祥のかき氷的なもので、「的」というのは、色々なパターンがあって、シロップをかき氷のように削るものもあれば、シェイクみたいにドリンクタイプのものもあります。

イタリアのジェラテリアでもグラニータを提供しているお店も多く、真夏はジェラートよりも出るくらいだと聞いたこともあります。

それほど詳しくはありませんが、語源のgranire(グラニーレ)粒々にしたという意味のように、氷の粒の大きさが地域やお店によって違うのが特徴的です。
僕は正直、そんなにグラニータを食べたことがなくて、時々食べても美味しかった記憶がありません。
でも、この前イタリアで食べたスイカのグラニータが抜群に美味しかったので、これは日本でも食べてみて欲しいなと思ったので、ちょうど良いタイミングで出せるので嬉しいです。

少しややこしいのですが、夕やけ市でいつも出しているのはジェラニータで、これはグラニータをもじって作ったもので、ジェラートとグラニータの間みたいなもので、増粘多糖類や食物繊維などを合わせて、より滑らかなシェイク状にしているのですが、今回作るのはイタリア的なグラニータ。微細な氷が出来始めたくらいの状態で提供する予定です。

ちょうど、昨日実家から父が作ったスイカが送られてきたのでそれを材料に作ってみます。
ただ、一度も作ったことがなくて、この前食べた感じをイメージして配合と作り方を考えてぶっつけ本番で作ってみるので、少し心配ではありますが、たぶん何とかなるでしょう。

スイカの果肉100%に和三盆、はちみつ、砂糖の甘さを少しだけ加えてグラニータ状にして提供する予定です。
明日作ってからの提供なので15時頃から数量限定で販売します。

ハマり性な僕なので、気に入ったまた他の果物でもやりたい!と思ってしまうかもしれない、記念すべき第一回はスイカです。

それでは、海の日にはグラニータを!