Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 09.07.2015 2:29pm

ジェラートワールドツアーを終えて。

ジェラートワールドツアー無事終えて阿佐ヶ谷に帰ってきました。

月並みな言葉ですが、良い結果は出せませんでしたが、良い経験は出来ました。もちろん、とっても悔しいし、色々思うこともありますが、コンペティションというのは結果が全てであるので情けなくもあります。

何より、応援して下さった皆さま、本当にありがとうございました。沢山の方がシンチェリータのことを知っていてお声かけいただいたり、何度か並んでまでおかわりしてくださったり、わざわざ会いに来てくださったりして本当に心に沁みました。改めて、ありがとうございました。

留守にしている間、負担をかけてしまったスタッフのみんなにも感謝です。もちろん、一緒に参加ししてくれたスタッフにも感謝です。おかげで仕事としては最高のパフォーマンスで数日間やれたと自負しています。ありがとう。

個人的にはジェラテリアが上位に入らなかったことが本当に寂しく残念でした。また、ロワゾブルーさんのジェラートが本当に美味しくて仲良くなれて、嬉しかったです。

始まる前に想像していた通り、その場の対応力と体力的な耐久勝負的な部分が大きかったですが、臨機応変に全体的に上手く仕事が出来たし、製造効率もお客さまにもお店で対応するようにしっかり出来たと思います。

製造室のイタリア人チームからも仕事が速いと褒められて仲良くなれて楽しかったのも良い思いでとなりました。僕はあまり外に出て行くタイプでもないので、こうやってジェラートのプロみたいな方々にお会いする機会も少なくて、イタリア人のジェラート職人と話してジェラートの状態、味の構成をちゃんと評価していただいて、時間があればパンはもう少し浸した方が良いねとアドバイスをいただいたりも出来て良かったです。

審査員の方々にも、評価していただいて色々お話いただけたのも嬉しかったです。出来れば、一般投票の結果を知ることが出来れば、今の日本の一般的なジェラートに対する評価や方向性みたいなものを計れたので知りたかったですね。それは少し残念でした。

自分たちのチーム力、仕事の仕方、サービスの仕方など今まで培ってきたことがちゃんと他の場所でも出来たということは一つの大きな自信になりました。

毎日、朝早くから日が変わるまでみっちり製造と提供をし続けて、さすがに疲れましたが、僕たちは本当に良いチームとして仕事が出来たし、何より作るのも提供してお客さんと接するのも本当に楽しかったです。
この歳になって、そこまで身も心も消耗して何かをするという機会はなかなかないと思うので、とても貴重な体験となりました。

最後に改めて、運営の皆さま、ジェラート職人たち、応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました!