Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 01.06.2016 1:55pm

ナッツくん。

昨年末から焼き菓子について色々考えていて、少しお知らせもしていましたが、方向性は少しずつ決まってきました。

色々なお店の焼き菓子も食べたり、みんなで話し合ったりもしながら自分たちらしい方向性を探っていました。日本にはアイデアも技術も素晴らしいものが沢山あって、レシピ本だって沢山あるから色々食べれば食べるほどあれもいいなー、これもいいなーとなってしまいます。
あれこれしながら悩んでいた時に、スタッフの家族からジェラートケーキに乗っていたピスタチオが美味しかった!と言っていたよ。と教えてもらった時に、確かに。と思いました。

確かに、美味しいナッツをナッツらしい美味しさで食べる機会ってほとんどないんですよね。
この6年間くらいあらゆるナッツを焼いて、ペーストにしてジェラートにしてきたので、結構良し悪しは分かるようになりました。
また、どれくらいの焼き具合が美味しいのかということも分かってきました。もちろん、素材の国による違いや産地による違いも知ることが出来たし、意外とありそうでなさそうでもある美味しいナッツをそのまま楽しめるようなお菓子が良いかなということになりました。

前置きが長くなりましたが、テーマはジェラートと同じく「毎日食べても飽きない味、おかわりしたくなるような、ついつい手が伸びてしまうような味」です。
ナッツの香りが溢れ、気持ちが良い食感で軽いもの。そんなイメージで作っていきます。

とは言え、試作ばかりしていても前に進まない気もするので、販売しながらバージョンアップも同時進行でやっていこうと思います。

今日から早速、販売開始したのがその名も「ナッツくん」。
良いネーミングも思い付かなかったので、とりあえず、パッと思いついた名前にしてしまったので悪しからず。

基本の構成は、ナッツ類をメインに生地が繋がるように小麦粉を配し、オリーブオイルと少しのバターで繋ぎ、糖分は極力少なくして少量のワインで何とか生地としてまとめました。

大した技術もありませんが、美味しいナッツを一番ナッツらしい配合で適切に焼く。程よい塩加減と油加減でシンプルに味付けしただけの素朴なお菓子ではありますが、ついつい食べてしまうようなイタリアっぽいお菓子に仕上がっています。

今回はヘーゼルナッツ、アーモンド、ピーカンナッツ、くるみ、ピスタチオというナッツ5種類ミックスのもので作りましたが、今後はナッツの種類、ちょっとした配合などを少しずつ変化させながら作っていこうと思っています。

それでは、ナッツくんをよろしくお願いします。