Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 06.23.2016 12:38pm

生産から消費。

果物真っ盛りな季節がやって来ました。

今の季節の果物は足が早いし、種類が多い。
この1週間で杏、メロン、カシス、ルバーブ、さくらんぼがやって来ます。追熟が必要なものは毎日、様子を見てあげて、足が早い果物は一気に仕込みます。

それぞれの旬が数日間ということも多いし、収穫のタイミングもそれほど長くないので、こちらのスケジュールに果物は合わせてくれません。
しかも、お中元の時期にも重なり大変ではありますが、何度も言うようですが、果物は待ってくれません。

でも、これは生産者にとっても同じことなんですよね。
今日は疲れたし、いっぱい働いたから残りは明日にしようかな。という訳にはいきません。果物が成ったら収穫する。朝から晩まで収穫するものです。それが当たり前だから、大変とかそういう意識はそんなにないというようなことを生産者の方に聞いてなるほどなと思ったのをよく覚えています。

熟したら収穫する、それを受け取った僕たちもまた、美味しい状態でジェラートにする。
そして、お客さんに食べてもらう。
シンプルな生産から消費への流れですね。

さて、明日はさくらんぼ。