Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 07.01.2016 12:33pm

杏の品種リレー。

人それぞれ個性があるように、食べ物の好き嫌いがあるように、果物も好みがあるものです。
杏好きのお客さんがいて、毎年のように杏やってください!と懇願されていたものの、何となくずっとできていなかったので、今年初めてチャレンジすることにしました。

杏は日本だとジャムなイメージが強くて、イタリアだとアルビコッカと呼ぶんですが、この時期だと定番のフレーバーです。イタリアの杏のイメージが強くて日本のものはジェラートに向かないのかなぁと勝手に決め付けていたところもあったのか、なぜだか今まで試していませんでした。
実際、八百屋でも足が早いので短い期間しか店頭に並んでいないし、良い仕入れ先を知らなかったという理由もありますが。

今年は初めてということで、品種と加工の仕方を色々チャレンジしてみました。
加熱かフレッシュかという選択肢は、普段からフレッシュの果物しか使っていないこともあって、やっぱり生の方が良いね。ということになりました。

品種の良し悪しは、熟し具合にもよるところがあって、一概には言えないところもありますが、とりあえず、手に入る品種は全部試してみることにしました。

という、訳で今年は品種リレーと題して、一つの品種が終われば次の品種が登場するという方法にしてみました。好みもあるし、ジェラートに向き不向きということもあるので、どれがおススメというのもなかなか難しいので、是非、数種類試してみてください!

売れ行き次第なので、なんとも言えませんが、2,3日で1品種変わっていく感じかなぁと思います。

○幸福丸:ヨーロッパ系杏との交配種。西洋感もあり。
○山形3号:果肉が硬くて酸味が強い。
○信山丸:甘みと酸味のバランス型。
○昭和:酸味強くて、果肉が固い。シャキシャキ。
○信州サワー:赤みがかった果肉が可愛い。ほどよく甘みも。
○信州大実:果肉が大きくて酸っぱい。
○ハーコット:酸味が少なくて甘い。元々、生食向きの杏。

よろしくお願いします!