Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 01.29.2017 10:19am

CACAO FESTIVL2017。

少し早く玉川高島屋ではアムールデュショコラに参加させていただいているので、カカオ祭り先取りでスタートしていましたが、2/1(水)より阿佐ヶ谷のお店でもスタートします!

カカオフレーバーは全16種。その中でもマイナーチェンジしたり、もしかすると、余裕が出来てくると追加で何か作ったりするかもしれません。。。
その中でも高島屋限定のものもあるので、制覇するのはなかなか大変かもしれませんが、是非、制覇、狙ってみてください。

「プレーン」
1、ベネズエラ
クリオロ系トリニタリオ種。アーモンドやコーヒーのような香り。

2、ペルー
トリニタリオ種。実はシンチェリータではお馴染みのカカオ、いつも使っています。華やかな感じが個人的に好み。
3、エクアドル
アリバナショナル種。森林っぽくてバナナのような香り。
4、チュアオ
クリオロ100%。希少価値が高いから美味しい訳ではなくて、本当に美味しい。プレミアムフレーバー。
5、マダガスカルソルベ
こちらは初チャレンジ。ミルクを使っていないからカカオの素材感がダイレクトに。酸味が特徴的なマダガスカル産クリオロ系。
6、ホワイトチョコレート
シンチェリータではお馴染みになってきたDOMORIの白チョコ。カカオバターの嫌な感じがしなくてナチュラルな仕上がり。?島屋限定。
7、キャラメルサレ
ペルー産カカオ×ほろ苦キャラメル。マルドンの塩がアクセント。ペルーのカカオとキャラメルの苦味の相性が良くて、塩でキリッと。
8、マルサラシナモン
マダガスカル産カカオに、その名の通りマルサラワインとシナモンを合わせて。
少しミルクよりにして、マルサラワインとシナモンをしっかり感じ取れる仕上がりに。

「フルーツ」
9、レモンカカオ
定番になってきたレモンをたっぷり混ぜ込んだカカオ。見た目はチョコだけど、食べるとしっかり酸っぱさが感じられます。
10、カカオフランボワーズ
オープン当初作っていたフレーバーで、個人的には懐かしい。酸味があるマダガスカルカカオにベリーの酸味を合わせてオーソドックスな組み合わせ。

「ナッツ」
11、プラリネ
毎年、色々なナッツを組み合わせていますが、今年は少しピスタチオを混ぜ込んでみました。奥行きが出て良い感じです。
12、カカオノワ
以前はメルノワカカオという名前で出していました。その名の通り、メルノワのカカオバージョン。森の蜂蜜×胡桃。
13、ジャンドゥーヤ
イタリアのチョコと言えばこれ。ヘーゼルナッツとチョコレートの組み合わせ。ヘーゼルナッツはいつもより強めに焙煎してカカオに負けないようにしてみました。

「チョコチップ」
14、ニシオチョコ
和テイストでお抹茶にチョコチップ。酸味があるカカオをチョコチップにして抹茶とのコントラストを。
15、ピスタチオチョコ
ピスタチオにはエクアドル産カカオのチョコチップを。プレミアムフレーバー。
16、ミントチョコ
ミントとチョコは好きな人は外せない組み合わせ。こちらはペルー産カカオのチョコチップで。

というラインナップです。

毎年出しているフレーバーも配合は変えているし、チョコチップは今年は品種を変えてみたりで、昨年食べたものも是非お試しあれ。