Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 09.07.2017 9:44am

選べるミルクフロート。

今年はフロートが流行っています。シンチェリータの中でですが。

改めて、フロートとは。
単純に、飲料にアイスクリームを浮かべたもの。と定義されています。なので、クリームソーダもフロートの一種とされています。

そう考えると、ジェラテリアの僕たちからするとフロートの種類は無限大です。炭酸を入れたり、お酒であったりと飲み物部分も自由だし、ジェラートもそれに合わせて作ることもできれば、ショーケースから好きなフレーバーを乗せるパターンもできます。

今年はコーヒーフロート、ピンクグレープフルーツフロート、すだちスカッシュフロートをやってきました。乗せるジェラートは固定で、ドリンクに合わせて作ってきました。

今回は、「乗せるジェラートを選べる」をテーマにフロートをやってみます。

選べるからには、できるだけ色々なフレーバーと相性が良いドリンクでないとと思って、今回はシンプルにミルクフロートでやってみます。

ミルクと言っても、ただの牛乳という訳ではなくて、氷で薄まるし、ジェラートとの濃度の相性もあるので、ジェラテリアらしく美味しい牛乳を乳脂肪と無脂乳固形分を調整して、甘みを少し加えてました。

最初はお好みで、ジェラートとミルクを交互に楽しみながら、途中からはミルクとジェラートを溶かしながら混ぜるとシェイク状になって、2度楽しめる仕様になっています。

9日と10日は阿佐ヶ谷で地域のお祭りもあるので、合わせてお楽しみください。