Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 12.27.2017 9:27am

一から始めるリスタート。

リフォームやリニューアルではなくて、「リスタート」という言葉を選びました。

これまでにも書いてきたように、何も分からないところからジェラテリアを始めて8年が経とうとしています。
一般的にはどこかで修行なり勉強なりしてからお店を始めるケースが多いものですが、ぼくの場合はそういうこともなく、いきなりスタートしてしまった分、今でもそうですが、ずっと勉強しながら、ある意味修行しながら試行錯誤を繰り返しながらお店を続けています。

ゼロから始めて8年目にして、一からやり直すような気持ちであり、実際的に一からやり直すような店づくりを行う予定です。

ぼく自身の経験値も増え、知識や技術も多少なりとも増したことに加え、ありがたいことにオープンから一緒に仕事をしてきた仲間もいるし、長く一緒に働いてくれているスタッフもいます。
ジェラテリアの仕事の捉え方として、様々な視野から見ることができる良いチームでもあると自負しています。

これなら、例え、ゼロから始めて5くらいまで進んでいたことをまた1からやり始めても何とかなるんじゃないかと割と楽観的に考えています。

リニューアルして5から再スタートするのではなく、1からまたやり始めるという意味での「リスタート」です。

一般的には僕たちのような業態のお店の場合、数年間続けて来れたら、2店鋪を作る、販路を拡大するための事業拡大などを行う、または、リニューアルしてこれまでの流れをよりブラッシュアップする。というような流れになることが多いし、実際、ぼくもそのような選択肢を考えたりもしました。

でも、よくよく考えたら、ぼくの場合、大した修行らしい修行もして来なかったし、大したキャリアもない中でやってきたことを思うと、まだまだ心許ない部分も多々あるけれど、そろそろ、修行を終えて自分が目指す方向性みたいなものを確立していこうと思うようになりました。

もちろん、基本的なコンセプトは変わらないし、より美味しいジェラートを作りたい、食べてもらいたいと思う気持ちは最初も今も大した差はありません。

かかるコストやお店を1ヶ月半も休まないといけないリスクを考えると頭が痛いものですが、平成も終わりが近付き、東京オリンピックが近付き、新しいことを始めるには良いタイミングなのではないかと感じています。

不思議なもので、色々なことが重なり、ぼく自身もまた良いリスタートを切れそうな予感がしています。