Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 05.29.2018 12:45pm

ジェラテリアが増えること。

今日は久しぶりの休日を利用して、唯一のジェラート仲間と共に秦野へ。

と言うのも、元我が相棒が秦野でジェラテリアをオープンさせたので(と言っても結構前
だけど)、お祝いがてらジェラートを食べに行きました。

不思議なもので3年くらい一緒に働いて、付き合い自体は8年ほどになるけど、彼が作ったジェラートを食べるのは初めてで、とても不思議な感覚でした。
何よりも、ずっと目標としていた「自分のジェラテリアを持つ」ことがしっかり実現していて、感慨深いものでした。

まだまだオープンしたばかりでこれからな部分も沢山あるだろうけど、楽しそうに一生懸命ジェラートを作って、販売している姿を見るのは嬉しいものでした。
こうやって少しずつでも美味しいジェラテリアが増えることは、一つの大きな僕の目標でもあるので、色んな意味で感無量でもありました。

良くも悪くも長くお店をやっていると慣れてしまう部分や安定してくる部分もあるから、始めたばかりのお店の雰囲気やこれから頑張っていこうという感覚が羨ましくもあって、僕たちもまた負けないよう頑張らないとなぁと、気を引き締めた次第です。

ジェラートについては、どちらかと言えば、イタリアに寄った仕上がりで、ああ言う出来たて感を楽しめるジェラートが食べることができるジェラテリアは意外と少ないので貴重です。

そして、ジェラートについて、ジェラテリアについて、固形分数%の話とか、全体のジェラートの状態のバランスとか、フレーバーのバランスやオリジナリティの話とか。
ほとんど、マニアな濃い話をし続けて、ああだこうだと、一日中話していたので、それもとても有意義な時間でした。

なかなかジェラートというまだまだ少ないジャンルの中で、同じ時代に似た感覚でお店をやっている友達がいるというのは貴重だし、ありがたいこと。

僕たちは割と地味というか、コツコツタイプなので、あんまり目立たないけど、地道に美味しいジェラートを作りつつ、ジェラートっていいなと、ジェラテリアって素敵だなと思ってもらえるようなお店であり、ジェラートであれるよう引き続き努めます。

お店の数はイタリアに比べたらまだまだ少ないけれど、クオリティだけで見ると結構捨てたもんじゃないとも思うんですよね。

良いジェラテリアが1軒でも増えて良かった!