Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 12.01.2018 12:00am

ウェブサイトもリスタート。

3月11日で8周年を迎え、お店をリニューアルして早9ヶ月くらいが経とうとしています。

今年は色々な意味を込めて「リスタートの年」として、気持ちを新たにスタートしました。改装後は、思ったようにいかないこと、やりたかったけどまだできていないことも沢山あって、正直、まだまだなところばかりです。

リスタートの年。ということで、合わせてウェブサイトもリニューアルしました。
今年は改装したばかりで、ジェラート作りもお店の運営もかなり手一杯なので、ウェブサイトはまだいいかなぁと思っていたのですが、色々な偶然が重なって、このタイミングでリリースすることになりました。
ウェブサイトをデザインしてくれたデザイナー、写真家、イラストレーター、翻訳家など、沢山の方々に関わっていただいて、完成にいたりました。これも今までお店を続けてきた関係の中で生まれたことなので、ありがたくもあり、嬉しくもあります。

前回のウェブサイトは2012年のオリンピックのタイミングに作ってもらいました。
今回は次なる東京オリンピックも視野に、ありがちな言葉ですが、平成最後の年から次なる元号に向かうタイミングでのリスタートというのも良い偶然だなぁと思っています。

この数年間でSNSが日常的になり、ウェブサイトの在り方もまた変化してきました。
単なる情報発信ではなく、自分たちの言葉を伝えるツールとしてのウェブサイト作りを目指して、今回もああだこうだと、デザイナーさんとやり取りしながら作ってもらいました。
リスタートという言葉に相応しく、ウェブサイトを作ってもらう中で沢山のやり取りを交わし、お店のことを、自分たちのことを見直す良い機会にもなりました。
言葉を選ぶ、言葉を発信するということは、本来、責任があることであり、重さがあることなんだと改めて感じました。
僕が個人的に興味を持つことは、他の誰かが言った言葉ではなく、やっぱり作り手や店主の考えや思いです。これだけ情報が溢れている今だからこそ、自分たちの、自分の言葉を伝えていくことが大切な時代なのかもしれないなと思います。

その中で、今回のウェブサイトは「読みもの」としての側面を強めに打ち出していくことにしました。産地のことやジェラートのことなど、自分の言葉でお伝えしていきます。
特に産地の記事は、これまで行った産地やこれから行くであろう産地のことを、イラストや写真を交えて素材の良さ、生産者やその産地のことを時々書いてUPしていこうと思っています。

新しいフレーバーや、イベントなどについては引き続き、ツイッターやインスタグラムなどSNSから情報発信していきます。

また、大きく変わった点として英語版も作りました。こちらは少し遅れてリリース予定ですが、日本の地方の良さ、果物や農家さんの面白さを外国人の方が読んで少しでも興味を持ってもらいたいなと思っています。
また、微力ながらも日本にも美味しいジェラートがあるということを、阿佐ヶ谷という街にあるジェラテリアのことを知ってもらって、お立ち寄りいただけくきっかけになれば嬉しいです。

僕はジェラートというものが本当に好きなので、世界中どこに旅行しても必ず探して食べに行きます。もしかしたら、世界中には僕のような奇特なジェラート好きがもっといるかもしれません。そんな人たちの心に引っ掛かりますように。