Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 12.08.2018 3:24pm

シュトーレン。

今年はいつになく出遅れましたが、今年もやります。シュトーレン。

シンチェリータでも毎年恒例になりつつあるシュトーレンは、好きな方も増えて有難い限りです。
もはや、一般的なシュトーレンとは言えないかもしれない仕上がりで、太巻きビスケットみたいなシュトーレンです。

普段から素材として美味しいナッツに恵まれているのですが、ジェラートにするとナッツそのものを食べてもらう機会が少ないので、シュトーレンには毎年贅沢にナッツをゴロッと入れたタイプを作るようにしています。

今年は3種。
シチリアのピスタチオ。いつもジェラートに使っているピスタチオは濃いグリーンで風味が豊かです。
シチリアのアーモンド。こちらもアーモンドとしては最高峰じゃないかと思うくらい、焼いて食べると本当に美味しいです。
アメリカ産ピーカンナッツ。ピーカンナッツはここ数年気に入っているナッツで、クルミよりも甘みが強くてサクッとした食感が良い感じです。

生地量と同じくらい具沢山なので、どこを食べてもしっかりナッツを食べることができます。ナッツに加え、レーズンも4種類、ラム酒に漬けて混ぜ込みました。
大粒のレーズンやマスカットのレーズンなど、レーズンも色々あって食べる度、違うレーズンがあるのも楽しいものです。

生地は、自家製レーズン酵母とイーストを少し使っていて、群馬県産の地粉をメインに数種類小麦粉をミックスしています。
カルピスバターにドボンと通して、和三盆で包みました。

最初は少しカリっとしている部分もあるのですが、数日間寝かせるとしんなりしてきて全体的に馴染んでまた違った美味しさを楽しむことができるので、一気に食べたくなるのを我慢してみてください。

12/8(土)よりご予約開始、受け渡しは12/15(土)スタートを予定しています。

2900円/1本