Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 08.02.2019 7:09pm

夏の節目に

天候不順な7月が終わり、今日から8月。
ジェラテリアたるもの、天候に影響されることなんて重々承知ではありましたが、今年の7月は過去最低かもしれないくらい厳しいものでした。

努力不足もありますが、天気の影響は計り知れないなと改めて感じつつも、手を緩めることなくジェラートは作り続けてきました。
なにせ果物の旬がたくさんあるので、美味しい果物はドンドン届きます。

今お付き合いがある生産者はだいたい、果物が良い状態になったら送ってくれるようになっているので、僕も同じように果物が良い状態の時にジェラートを作りたいので、自然とみんな揃って果物ファーストな生活になっています。
結構、ギリギリにならないと届く日が分からないし、ベストな熟し具合になるまで待ってから使う果物もあるので、果物が主役な日々です。

しかも、夏の果物は特に多品種なことが多いので、気に入った品種が数日で終わってしまうということもよくあります。
なので、例え天気が悪くてジェラートが売れない期間が長く、天気が悪い時にしか手に入らない品種があったりすると、先を見越してジェラートにしなくてはなりません。

品種差だけじゃなく、生産者によっても違うし、その年によっても違うので、あれ?今年はいつもより美味しいなと思えば、いつもよりたくさん作ろう!となるし、少し出来が悪い場合は添加量を変えたり、違ったフレーバーに変えたりと臨機応変に対応していきます。

こういった売れ方と製造のバランス感覚みたいなものも、少しずつ培われてきたように思います。
僕たちは毎日ジェラートを作り続けて、なんとか販売できる量を作れているようなものなので、都度、試作する余裕もないし、味も作る量も自分の経験と感覚を頼りにほとんど一発勝負で作り続けています。

特に夏場は売り切れないようにもしたいし、果物も多いし、新しいものも作りたいし。。。でどうしても忙しくなります。

そんなことを思っていたらこの暑さ。。。
雨より全然良いですが、人にも農作物にもよくないくらいの暑さでこれまた、人が歩かないという問題もありますが、明日も岡山から清水白桃が届くのでジェラートにするのが楽しみです。

ちょうど、8月3日から5日間阿佐ヶ谷七夕まつりが開催されるので、合わせて清水白桃のグラニータも限定で作ろうかと思っています。