Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 03.01.2020 11:31am

味と記憶のオムニバス。

この10年間、ほとんど過去を振り返らず、未来を考える余裕もなく、今、目の前にあることをとにかく何とかやってた。そもそも、そんなに終わったことをどうこう考える性格でもないので、尚のこと、気が付けば10周年を迎える。

めでたい10年ということで、色々企画しているので、少しずつ紹介していきましょう。

まずは、ジェラート。

「味と記憶のオムニバス」をテーマに、ジェラートを通じて知り合ったお店との思い出のフレーバーを10のお店分、10フレーバー作ります。
シンチェリータでは11日から店頭に並び、さらに、それぞれのお店でもその思い出フレーバーを食べることができます。お店によっては、皿盛り的になったり、パフェ的になったりするかもしれません。
日本中というと大袈裟ですが、色々なところでシンチェリータのジェラートが同時に食べられると思うと不思議な感じがしますが、なんだか嬉しいものです。
ジェラテリアに、ジェラートを送ってそのお店のジェラートと同じように並べてもらえるのもなかなかあり得ないことだと思うので、引き受けてもらえて感謝です。

それに合わせて、ちょっとした読み物的な冊子も作ったので、そちらも11日からこちらの店頭とそれぞれのお店にも置かせてもらう予定です。

思い出のお店たちはこちら。
○アリエッタデルジェラート/神奈川県・秦野
○フレスココーヒーロースターズ/東京都・阿佐ヶ谷
○ジェラート&カフェ伊澤いちご園/栃木県・下野
○ジェラテリアリトルタ/石川県・金沢
○パーラー江古田/東京都・江古田
○ジェラテリアクレメリーチェ/北海道・札幌
○ウッドベリーズ/東京都・吉祥寺
○トラットリアヴェンティノーヴェ/東京都・西荻窪
○フレイズフェイマスピッツェリア/東京都・六本木
○ジェラテリアアクオリーナ/東京都・祐天寺

どういうフレーバーかは、お楽しみにということで、シンチェリータかそれぞれのお店で見つけてみてください。それぞれ、数量に限りがあるのでなくなり次第終了となります。

今回作ったフレーバーはどれも、思い出のフレーバーでもあり、今までの知識と経験をフル稼働して作りました。結構、感覚で作ってしまったものも多いので、配合などは割と適当なところもあって、もう一度同じものを作ることが難しそうです。
そういう意味でも10周年に相応しい、記念すべきジェラートたちと言えましょう。