Meister's Blog自分の言葉でお伝えします。

Posted on 08.30.2020 12:44am

この半年間

思えば、こうやってブログを書くのも半年ぶりくらいになってしまった。
3月に10周年を迎えてからこの夏が終わるまで(まだもう少し残っているけれど)、所謂、コロナ禍の中での営業を今も含めて続けていて、いったいどんな言葉を選んで、何を発信すれば良いのか分からないまま今に至るという感じで過ごしてきた。

ありがたいことに僕たちは、沢山のジェラート需要があって(特にオンラインショップ)例年以上に忙しくしていた。途中、お店を休んだり、営業時間を短くしたりしながら、世の中の状況や自分たちの状況のバランスを見ながら、少し不規則に営業してきた。
こんな状況の中、お店を何とか存続できて、ジェラートを食べてもらえてありがたい限りである。

「病は気から」とか、「景気も気から」と昔から言うように、大抵のことは気持ちで動いているものかもしれない。
作るという行為もまた、気持ちから来るものが大きくて、こういう状況の中でポジティブな気持ちを強く持ってジェラートを作ることが思っていたより難しくて、正直、あまり目新しいフレーバーは作れなかった。
これは僕の性格的なものかもしれないけれど、例えば、こういうフレーバーができました!みたいなことをお伝えして、お店に来てもらうという ことも少し気が引けるところもあって、とにかく、粛々とジェラートを作り続けていた訳である。

その分、基本に立ち返ってシンプルで美味しいジェラート作りを心がけて、今まで以上に丁寧に、もちろん、衛生的な部分はより気を付けながらジェラートを日々作ってきた。
普段からほとんど引き篭もってジェラートを作る毎日だったので、そこまで変わっていないと言えば変わっていない毎日だったけれど。

毎日食べたくなるような、毎日食べても飽きないようなジェラートが元々のコンセプトだったので、「しみじみ、美味しいなぁ」みたいな美味しさが今の世の中にはちょうど良かったのかもしれない。
結局のところ、この10年間、日々ジェラートを作って、販売して、配送もしてというだけのことをずっとやって来て、今やっていることもそんなに変わらない。

とは言え、感染対策をしながらの営業や世の中のネガティブな状況によって、知らないうちに自分たちもかなり疲弊しているんだろうなとも思う。

忙しい夏が終わるとジェラテリアにとっては、長い冬がやって来る。
今年の冬はいつも以上に厳しいと想定して、しっかり冬支度をしないとなと思う。

世の中が少しでも好転することを祈りながら、引き続き、丁寧にジェラートを作っていこう。